デジタル一眼
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-05-03 00:00 | カテゴリ:弟の結婚
ジャンル:日記 テーマ:ひとりごとのようなもの
結婚 親の大切な役割とあいさつ


弟達の結婚式が終わってはや、2ヶ月になる。
今どきの結婚事情も多少は分かった気がする。


それを踏まえて。
準備段階で不安に思ったのが、
費用もそうであるがこれは身の丈にあったものにすれば何とかなる。(ハズ)

一番の問題は、お互いの両親に
今どきの結婚事情をどこまで理解してもらうか。

とか。

自分達がどれだけ両親の希望しているものに沿うことが出来るかにつきる。

お互いの希望をどれだけ妥協するか
受け入れることが出来るかでかなりモメる。

うちの場合は、ハルコさん(弟のお嫁さん)側のご両親は
すべておまかせ、と言ってくれていたので問題はなかった。

これが双方の両親で考えが合わなかった場合
間に立たされたらすごいストレスを受けるというのが悩むところだ。

さすがにテーブルクロスを黒色にしたいと言われた時には
両親猛反対!(結局、別の色になった)


しかも東京ではなく、
弟の生まれたこっちでの挙式披露宴ゆえに電話口でケンカ口調。

私はこういうのを傍で見ていて、親のグチなんかも聞かされていた。


料理の場合、花嫁のドレスの色は忘れても
【○○さんの披露宴の料理は美味しかった】
後々、話題にも出てくる可能性が高いので、これは手を抜かない。
弟とハルコさはもちろん、両家の両親揃っての試食会も行った。


他に不安な点は余興…

私の住んでいるところは
披露宴での余興に気合を入れる人たちが絶対数的に多い。

いとこ達に頼んだり
自分の友達に頼んだりとしてもらったり
地元での伝統的な踊りをお願いしたり。


どういうモノをやるか、わからないので
シモネタだけはやらないで、と釘を刺す必要がある。
(特に20代前半で若くして結婚する新郎の友達)

私としてはこういうのは無しでいいかなと思っている。

余興をしてもらうにはいとこ達も年が離れすぎているし
友達もほぼ既婚者ばかりなので今更お願いというのも微妙。


当日はそういった心配もなく、むしろ楽しめたし
料理も美味しかった。


そして、後日談は続きます。
ヘビーな内容になるので、ご注意をお願いします。

(次の更新は5月5日の日曜日です)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり FC2 Blog Ranking 舅・姑・小姑ブログランキング
スポンサーサイト
2013-05-02 00:00 | カテゴリ:弟の結婚
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:幸せなひととき
結婚アルバム 2

これは写真に写っている親戚の1家族1枚と配るものだ。

母は早速、本家の伯母に持って行っていた。

私はこの時点で今より3、4kg太っていて
顔がアンパンマンだった。

笑ってしまったのが、写真を撮る際に
180cm台の従兄の息子
長身イケメン兄弟とお姉ちゃんの3姉弟と。参照)に

『背の高い男性の方は、もう一段後ろへお願いします』

カメラマンの指示で立ち位置を変更することになった。
今、写真を見ると確かにバランスはこの構図がベストである。

結婚アルバム 3

この黒い表紙は弟とハルコさんの写真。

前撮りのものがほとんどだった。

黒地にゴールド文字をあしらった表紙は
高級感がただよっている。

結婚アルバム 4

表紙をめくると、真っ先にこの写真が目に入った。

2人の横顔をわざと影になるように撮影したものだ。

私が後からぼやけるような加工をしたので伝わりにくいが
雰囲気がよくていいなぁと思える写真だった。


あれから3ヶ月以上経っているはずなのに
もう何年も前のような出来事に思えてくる。


その間にも色々ありすぎ
て目が回るように忙しくなっているからかもしれない。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり FC2 Blog Ranking 舅・姑・小姑ブログランキング
2012-07-17 13:00 | カテゴリ:弟の結婚
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:ウェディング
受付の裏側(前編) の続き。

その助っ人とは、姪である。

記憶に残る初めての結婚式への招待に
ワクワクしていた。

しかし、実際は子どもの姪や甥にとっては
式と披露宴が始まる迄の時間は退屈の二文字である。

甥は控え室で出されていた軽食をつまみ
ウロウロしていて結局、
ジロー君が面倒を見る事になった。

そこへ姪が
『姪子も手伝う~』
と御車代リストをチェックすると名乗り出た。

小学生の中学年にもなれば
多少は大人のお手伝いもできるし、

姪は頭の回転のいい子だったので
こういう事をするのは得意だった。

受付の裏側(中編) ただ今受付担当中


招待された人達がどんどんやってくる。

芳名帳に書き出した名前とリストを照らし合わせ、
席次表(と料理のメニューも記載)と一緒に手渡して

『席次表と御車代です』
とどんどん手渡していく。

弟の友達と会うのは殆どが初めてで、
こういう人達が弟と仲がいいのかと
顔を見ながらチェック。

唯一わかった?のが幼馴染のシロ君だけで、
シロ君が芳名帳にフルネームを書いてから

『えっ?!シ…シロ君なの?』

と妹と2人でシロ君に話しかけた。

幼稚園の頃のちっちゃい時しかイメージがなかったんで
スラッとした細身長身の大人になった彼とのギャップが。

『小さい頃のイメージしかないから、大きくなったね~
来てくれてありがとうね』

とちょっとだけ話して、また受付の仕事に戻る。


親戚やいとこも
数年以来会った事の無いの人もいて、
受付で手短に言葉を交わすのもなかなか楽しい。

姪を見て
『おっきいねぇ~。今、何年生?』
と話しかけてくる人もいて
姪は固まっているのもおかしかった。

普段あんなにギャーギャー騒いでいるのが
借りてきた猫のようだった。


披露宴まであとちょっと、という時間には
ハルコさんのお友達には
残りは私達でやるので中へ入ってください、と声をかけた。

ハルコさん側の招待客はこっちよりも少ない。
それから受付に来る人はいなかった。

そして弟側の担当の私達はその頃・・・


受付の裏側(後編その1) に続く。

まだ続きます。(しかも、後編その1ですが)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり FC2 Blog Ranking 舅・姑・小姑ブログランキング
2012-07-07 13:00 | カテゴリ:弟の結婚
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:結婚準備
結婚式前の御祝儀・贈り物(その1
の従兄が慌ただしく病院に戻った後、
しばらくすると伯父がやって来た。


伯父は父のすぐ上の兄であり、
父の兄弟では一番カッコいい伯父さんである。

イメージとしては羅生門や蜘蛛の糸で有名な作家。
芥川龍之介っぽい。

近所で1人暮らしをしているが、
私が伯父に会うのは10数年ぶりになる。

父が電話で
『○月○日に長男(弟)の結婚式があるから
招待状を持っていくから』
と連絡をして招待状を手渡してきた。


伯父は体調があまりいい方ではなく、
長時間の人の多いところへの外出はあまり好まない。

行けるかどうか分からないので、
結婚式前にウチを訪ねてきたのだ。


弟も伯父に会うのは私以上に昔の事だったので、
伯父からすればまだ中高生の弟のイメージしかなかったと思う。

そして

『1本は普通にいいお酒。
もう1本はとてもいいお酒だから』


と洋酒を2本とお祝いを弟に渡した。


1本は、レミーマルタンXO 。
レミーマルタンXO

そしてもう1本は、ヘネシーXOという洋酒だった。
ヘネシーXO

値段がすべてじゃないというのは分かっているが、
久保田もけっこういいお値段だったが、こっちもいいお値段だった。


知らないことは
何でもネットで検索しないと落ち着かない私なので
検索結果を見て【!!!】だった。

もちろんもっと何百万円もするお酒が
存在しているのは承知している。

が、庶民の私にはどちらもリッチなお酒。

弟はお酒は色々な種類呑めるので、
しばらくは新居に飾ってそれから呑んだりしていそうだ。
やっぱりうらやましい。


前回ですっかり失念していたが、

【どうして当日じゃなくて、
結婚式前に御祝儀持って来るの?】


と疑問の人も居たかもしれない。

伯父や従兄のように、
当日行けない人がお祝いを事前に渡すパターン。

そして結婚式当日に御祝儀を渡すが、
事前にも別に御祝儀を持って来るパターンがある。


私の住んでいるところでは
結婚式に御祝儀の金額が○万円というのが通常である。

【え?!たったの○万円?!】

昔の習慣だとそれでも充分だったのが、
この10数年でホテルでの挙式披露宴などが増えてきている。

さすがに1万円では…
と最近では披露宴では
多めの金額を包んでくる人が多いらしい。

もし、結婚式当日に○万円だとしても、
事前に御祝儀をも渡す人はビックリな金額を包むのがデフォ。

その殆どは近い親戚だが。

洋酒2本を弟に贈った伯父の御祝儀も【!!!】だった。

伯父が帰る時に私は
『伯父さん、otoutoの結婚式に来てね』
と言ったが

『伯父さんココの調子悪いし、行けたらね…』

ココと言ったのは心臓の位置。
一度大病を患ってからは
お酒をやめた伯父は静かにそう言って帰っていった。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり FC2 Blog Ranking 舅・姑・小姑ブログランキング
2012-07-06 13:00 | カテゴリ:弟の結婚
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:結婚準備
これは地域によって違うのだが、
結婚式に招待された人や招待されたけど
行けない人が家に来る。

殆どが近所に住んでいる親戚や、
昔から知っている人など数人である。

欠席する理由(2)で書いた、
小児科医の従兄もその1人。

多忙な中で時間を作って来てくれた。

『本当は(結婚式に)行きたいけど…』
久しぶりに会った従兄は疲れているだろうに、
とても穏やかな笑顔だ。

『小児科医は大変だからな』
父も従兄をねぎらう。

そして弟達にと御祝儀と
日本酒【久保田】の一升瓶!

久保田

『◇◇さん、本当にいいの?!』

なぜか母が焦っていた。
母はお酒がキライなのに。

従兄は
『お祝いだからね』
と答える。

そんな母は、
『いざとなれば、料理酒に使えるしね』

『料理酒に?!

もったいない!!』


日本酒好きの私は
母がとんでもない事を言い出したのにあ然。

『え?そんなにいいお酒なの?』
『私もお酒のことはあまりわからないので』

母とハルコさんは不思議そうな顔で私を見ている。

『いいお酒だよ』
弟もヤレヤレという口調で答えた。

従兄は30分もしないうちに
『そろそろ病院に戻らないと』
慌てて時計を見ながら病院へ戻っていった。

従兄には身体に気をつけて欲しいと願うばかり。


それにしても…
弟がうらやまし過ぎる。


日本酒が呑みたい。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり FC2 Blog Ranking 舅・姑・小姑ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。