デジタル一眼
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今から5、6年ほど前。
(2009年時点)

母方の伯父の息子、
つまり私の従弟にあたるヒロシ(仮名)の結婚式に招待された。


ヒロシは子供の頃からの野球少年で
高校卒業と同時に県外へ。

そこで社会人野球をしていた時に知り合った
彼女のアヤ(仮名)さんとめでたくゴールイン。

結婚を機に地元で暮らすようになった。


挙式は地元では有名な所のチャペル。


「あんた達だけで行ってきなさい」

ものぐさな父はその役割を
母と私に放り投げてきた。

歳が歳だったので仕方がない。


地元では有名だったが、
母も私も道順が分からずに途中途中で車を止めて
人に尋ねながら何とか辿り着いた。

チャペルのある場所は確かに景色が美しい。

美しいが真夏の式のため、
参列者は大変だったと思う。

それもまた今ではいい思い出だ。

チャペルまで来た一部の親戚とこじんまりとしていたが
アヤさんのお友達の女性陣が華を添えてくれたし
ヒロシとアヤさんの指輪の交換や誓いの言葉も良かった。


チャペルって賛美歌があるので
歌の度下手な私はこっそり口パク…


式が終わると再び家へ戻り、
少し休憩して今度は父も一緒に披露宴会場へ向かう。


母方の親戚は伯父伯母に従弟妹達と
あと数人くらいしか知らないので、
指定されたテーブルに座っても母以外は誰か分からず。

まったくのアウェー状態。


親戚関係以外は
殆どヒロシの野球繋がりの友達、先輩達が圧倒的に多くて
披露宴の始まる前から盛り上がっている。

体育系だからにぎやかだ。


披露宴もそういったヒロシの友人達の余興や、
一体どこまでロケやったんだ?
と思うような自作の映画もどきまでと余興が盛りだくさん。


若いっていいなぁ。


披露宴ではアヤさんのお友達の女の子達が
新婦友人代表挨拶で感極まって涙を流し、
アヤさんも家族に感謝の手紙を読むと
ご両親はもちろん、お兄さんも号泣していた。

よっぽど仲の良い兄妹だったんだろう。


最後に新郎新婦が通る花道には人間アーチができ、
そこをくぐる演出があった。

2人の友人・職場関係の人や
何故かうちの祖母も一緒にやっていたのを遠めに確認。


さらに驚いたのが、新婦のアヤさん以上に大号泣だったヒロシ。

遠めだったが明らかに号泣度は、
ヒロシ>>アヤさんだった。

新婦が泣くのは何度も見たことはあるが、
新郎がここまで涙するのを見るのは私の中では初めてだった。


後にヒロシに

『披露宴の最後、
ヒロシすごく号泣してたよねー』

ちょっと恥ずかしそうにしながら

『いやぁ~~
あれはみんな(友達先輩方)が
あそこまで色々やってくれていたとは思わなくてさ、
思わず涙がね。ハハハ』

感極まっての涙だったと言う。


メソメソするのは男女関係無くイヤだが、
こういう時の涙って悪くない。


果たしてうちの弟はどうなるのだろうか。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ 
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
地方によって差があるはずだが、
披露宴で新郎新婦の為に余興をやるのが
私の住んでいる所ではデフォルトになっている。


余興に命をかけてパフォーマンスをする、
新郎新婦の友達軍団から
見事な舞で観客を魅了するベテランおばさままで。


私の知る範囲では
バット折りや、広末涼子(私も参加)。

新郎新婦(主に新郎側だが)の親御さんや
親戚らしきおじさん・おばさんのカラオケ(主に演歌)大会状態くらい。

私の見たものはまだ序の口。


母が招待されたとある結婚式の話が強烈だった。


新郎新婦共にまだ二十歳そこそこだったらしく、
その友達軍団も当然二十歳そこそこである。

余興も当然、若さ故のパフォーマンスも…

『スッポンポンで、前だけ隠して踊った上に

舞台を降りてそのままで会場を走り回ってたんだよ!

若い人達だけだったらいいんだろうけど

目上の人に対して失礼!!


帰宅した母が激怒しながら話していたのを思い出す。


妹の時は、母がジロー君(妹の旦那)に
クギさしていたのでそういうのは無かった。


弟の時にはどうなるのかは分からないが、
30過ぎてそんな事するのは
いくらなんでもないだろう。多分。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり
2011-11-14 00:00 | カテゴリ:本当にあった挙式披露宴パーティで…
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:親戚付き合い
【小学2~3年生頃?もっと小さかったかも】



母方の親戚の結婚式で余興をやる事になった私と妹。
正しくは母方の親戚の子供達数名と一緒。


余興はピンクレディーのサウスポー。
(40代以上はリアルタイムで知っている人が多いかと)


練習はその親戚の子供達のいる家でやったと記憶している。
大体が小学生くらいで同年代からちょっと上の子までいたと思う。


何度もサウスポーの曲に合わせて踊る私達。
まぁまぁ出来上がっていた。



が、相手の子供の中に私と非常にウマが合わない女子がいた。

仮にA子とする。

今となっては記憶があやふやで
何故そのA子と険悪だったのかが分からない。

お互い逆毛を立てて威嚇するネコのような空気をかもし出していた。



することなすこと、とにかく気に食わなかった。
とうとう喧嘩になって掴みあいのまさに場外乱闘。


私は非常に気が短い子供だったので喧嘩を仲裁されると


『もういい!出ない!踊らないっ!』


と捨て台詞をはいてその家を飛び出した。


飛び出したものの、自分の家に帰るには子供の足では遠かった。

多分、その家から歩いて行ったことのある
祖母の家まで記憶を頼りにして歩いていった。


祖母は1人で来た私に驚いてはいたものの、家に入れてくれた。



しばらくすると、母が迎えに来て私のプチ飛び出しは終了。

一度やらない、と決めたら周りがどう説得しても


『絶対にやらない!!

あんなのと一緒に出たくない!』



すごい強情で嫌な子供だった。


結局は私以外のメンバー(妹はちゃんと出ていた)全員はサウスポーを踊り
私は両親と同じテーブルで座っていた。


今となってはその時のメンバーの顔もA子の顔も覚えていない。
それでも


・A子と喧嘩になった

・飛び出して祖母の家に行った

・出ない宣言をして踊らなかった


3つの事実だけは記憶に残っている。



以前、この話を母にして
『こんなことあったよね』に

『はぁ?何言ってるの?』

私の創作記憶話(つまり妄想)だと信じてくれなかった。


結婚式での余興をやるのが元々嫌だったのが、ますます嫌いになった。


『広末涼子ですか?』 や、妹の結婚披露宴のように
後々大人になってからやるはめにはなっている…)





テーマが『本当にあった挙式披露宴パーティーで…』で
挙式披露宴前の出来事のネタがコレだけしかなく、タイトルが

【場外乱闘】

しか思い浮かびませんでした。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり
2011-11-11 00:00 | カテゴリ:本当にあった挙式披露宴パーティで…
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:ひとりごと
【30代なりたて位】


当時、勤めていた職場の1歳年下の同僚Sさんの結婚式に招待された。


会社からは私と、3歳下の同僚Mさん、
2歳下のS本さん、サブ上司ポジションのN村さん。

そして結婚出産退職された先輩が2~3人に
勤務先の上司(男性)と本社の部長(男性)で同じテーブルだったと記憶している。


だいぶ前のことなので忘れている部分も多いが、
忘れられないことがある。


ある日、休憩室でくつろぎタイムを満喫していたらN村さんが

『Sさんの結婚式でコレをやるわよ!!』

やらないではなく、やるわよと答えは有無を言わせない。


『えっ!N村さん、何をやるんですか?』
私やMさんは驚いたまま尋ねると

『決まってるでしょ、

【マジで恋する5秒前】

をフリつきで歌うのよ!』


(参考までに、マジで恋する5秒前(広末涼子)の動画
http://www.youtube.com/watch?v=Lo3Ro_eoR5g

※再生時の音量にご注意をお願いします。


『え、それって…広末涼子ですか?』

『aneさん、知っているんだ。じゃあ話が早い。
やっぱりこういう曲は盛り上がるよね♪』


余談だがN村さんは2人の娘さんを育てて仕事に励んでいるシングルマザー。

気持ちも見た目も若いサバサバした人だったので
まさか彼女の口から
広末涼子の曲で踊ろうなんて言われるとは思わなかったのだ。


私は自分で言うのも何だが、
人前に出るのはダメダメでフリーズしてしまう。

どうしてもという時は多少のお酒を呑んで
ヘラヘラモードにならないと無理という情けない性格。



Sさんの結婚式もSさんのドレス姿を席について眺めながら
美味しく料理を頂くつもりだったので、正直、嫌ですと言いたかった。


しかし、会社の人間関係は良好に越したことはない。


Sさんの結婚式までに2~3度休憩室でN村さん筆頭に
Mさん、S本さん、私で
【マジで恋する5秒前】を可愛く歌う広末の歌で踊る特訓も。



他の人は普通に休憩をしているだけだったので、
逆にココで踊る方が恥ずかしいのでは…
ますます小さくなっていく私。



そしてSさんの結婚式当日。

Sさんに頼まれて私とS本さんが新婦側の受付を手伝うことになった。

受付をやったのは妹の結婚式以来。
普通は会社の同僚や
学生時代の友達に頼んで受付をお願いするのが多いようだ。


肝心の【マジで恋する5秒前】は…

開き直って歌って踊りました。



ココで『できません!無理です!』って言うと場の空気が…
というのもあったし、
せっかく招待してくれたSさんにも申し訳が立たない。


一所懸命やった、と思いたい。



後に写真を見せてもらったら、
一人だけ頭半分身長が出張っていた私が
やはり1番隅っこに立っていたのが
自分らしいというか、何と言うか…



N村さんはもちろん、真ん中で堂々と歌って踊りきった。

あのパワーはすごい。
見習いたい部分だ。


Sさんも『ありがとう、良かったよ』と喜んでもらえた。


今思えば、懐かしい。



Sさんも姓が変わってEさんになり
今でも年賀状での細い付き合いは続いている。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり
2011-11-05 00:00 | カテゴリ:本当にあった挙式披露宴パーティで…
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:ひとりごと
テーマからはちょっとそれている感もあるが…


【20代後半】 

当時の私は1人暮らしをしながら仕事をしていた。
土日祝日が休みの所へ移動してからはのんびり土日を満喫。


やや遅めの起床をしてしばらくすると電話が鳴った。


「もしもし~?」
「…a、aneちゃん?aneちゃんだよね?」
「もしや、Eちゃん?!久しぶり~。元気だった?」

Y子ちゃんの結婚式以来、
会っていなかった大学時代の友人のEちゃんだった。


「今日、N子の結婚式って知ってた?」
え?N子ちゃん?結婚?ナニ?

寝ぼけていた私は完全に目覚めた。

Eちゃんは結婚して
埼玉でダンナさんと息子さんと暮らしていて、
久しぶりにこっちへ来たそうだ。


「あ、知らなかったんだ・・・
私ね、aneちゃんの電話番号、
まだ使えるのかなって思いながらかけたんだよ」


そういえば、大学のある市から別の市に引越し、
その時まではEちゃんと連絡を取っていたから電話番号は教えていた。

さらに同じ市内で駅1つ先の所に引越ししてからは色々と忙しく、
大学時代の友人達と連絡を取る事がめっきり少なくなっていた。


「もうホントにaneちゃんと連絡取れるか分からんで行方不明状態だったよ。」
「あ・・・やっぱり?私って行方不明者リストに入ってたんだ」
連絡がまったくない私をEちゃんの中では行方不明状態だったらしい。


「無事繋がってよかった!

で、N子の結婚式に出るのは
Y子ちゃんとMちゃんとTちゃんなんだけど
2次会に顔出したらすぐ出るから
○○駅で待ち合わせてゴハンしようよ。

aneちゃんに会いたいねって話になってるんだ~
ホラ、みんな結婚してるから今更二次会参加ってのもねぇ…」 

言われてみればそうだった。

大学の同じ科の友人達、
その日挙式するN子ちゃんも含めると
みんな既婚者&子持ちの奥様ばかり。


皆で集まってゴハンというのもなかなか無いので、
私はシンプルな黒のパンツスーツに
インナーはカーキ色の襟付きカットソーで出かけた。


友達4人は挙式披露宴に出たとあって、華やかさと
結婚したことによる何だか独身者とは違う落ち着きオーラがただよっているように見えた。


仕事できないのに格好が
【キャリアウーマンっぽいね】
と言われたりしてたが
みんなも家の事や子供のことで色々と話題は尽きず。

友達4人と言うホームに乗り込んだアウェーの私。

それでも皆の様子をうかがい知ることができた。


よく考えればN子ちゃんも私の赤貧振りを感じ取っていた?のと
E子ちゃんの言う
「行方不明」で連絡が付かずに呼べなかった(呼ばれなかった?)のかもしれないし。

カツカツ生活だったので本音を言えば助かった。


結婚して皆東京、埼玉、広島、九州…
と離れているので会いたくなるが、
今度はいつの日になるのだろうか。




「○○って行方不明らしいよ」という会話は聞くけど、
まさか私が言われるとは思いませんでした。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。