デジタル一眼
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-12-22 13:00 | カテゴリ:弟の結婚式・披露宴
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:ウェディング
新郎の謝辞(前編)の続き。

弟とハルコさん、そしてそれぞれの両親が立ち
マイクスタンドの前で弟が一歩前へ出る。
手には無事間に合った謝辞の原稿が握られている。

新婦(花嫁)が主役のイメージの強い結婚式だが、
最後の〆は新郎の最大の役目だ。

以前父が、招待された結婚披露宴で
新郎が涙し、謝辞を上手く話せなかったのを
何度か見たことがあると言っていた。

新郎の謝辞(1)

号泣するとも思えずに弟の顔を見ていた。

『皆様、お忙しい中、
私達2人の為にご出席してくださいましてありがとうございました』

なかなか快調な出足。

恥ずかしながら、弟の謝辞を全文覚えていなくて
あいまいなまま、ブログに書くのが残念。

動画撮影しておけばよかったと後悔。

(結婚式・披露宴のDVDがそろそろ出来上がる頃なので
そこでこっそりチェックしてみる予定)

弟のスピーチは堂々としていて
私が手伝おうか?なんて言ったのが滑稽なくらい。

進学の関係で長く外暮らしをしていたからなのか
結構しっかりした口調(アクセントも標準語に割と近い)だ。

視線が時々上を向く。

謝辞の言葉を思い出しているような、
こみあげるものをこらえているようなシーンが
2、3度はあったのだろうか。

その謝辞を聞きながらも、
妹がそっと目元に指をあてていた。

自分が結婚式を挙げた頃を
思い出しているのかもしれない。

私もちょっと涙が出そうになったが、
ここもぐっとこらえる。

目の前にいるのは弟なのだが
小さい頃からのイメージが強かったせいか

【あの小さかった弟がこんなに立派になっちゃって】
親の心境になってしまう。

『まだまだ、未熟な私達ですが
これからもご指導後鞭撻のほどをよろしくお願い致します』

弟は手にした原稿を一度も見る事無く
しっかりとした口調で挨拶ができた。

某元首相ではないが
【よくやった、感動した】
心の中で弟をホメた。

普段あまりホメないけれど、
この時の弟があまりにも大人(いや、実際大人だが)でしっかりしていた。

これならハルコさんも
弟と一緒に結婚生活を送る事に心配はなさそうだ。


弟が結婚したい人がいると
最初に聞かされた時はびっくりした。

そしてハルコさんと出会い
弟には非常にもったいないくらい
謙虚で気遣いの出来る女性で安心した。


私のポジションは小姑
しかも歳の離れた独身義姉(実家住まい)と
世間一般ではいいイメージとは決して言えない私。

もしかしたらこの先、
どういう風にハルコさんと関わっていくのかは分からない。

それでも弟の選んだ彼女だから
出来る限り、仲良くしていきたい。

この謝辞を聞けて両親はもちろん
私も手伝いを頑張って良かったと。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり FC2 Blog Ranking 舅・姑・小姑ブログランキング
スポンサーサイト
2012-12-21 13:00 | カテゴリ:弟の結婚式・披露宴
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:ウェディング
披露宴もいよいよ、お開きとなる。


この日の為に忙しい合間を縫って
月イチで3回打ち合わせに来た弟とハルコさん。

仕事をしながらの作業はとても大変だっただろう。


地元で挙式披露宴を行うということで
私と両親で準備の手伝いを始めた。

(地元の親戚関係は殆ど私達でやった)

しかし…

ゴール地点はちゃんとあったのに
その過程がここまで大変な事になるとは想像以上だった。


正直、あれこれ両親に怒られまくった
(弟達の結婚関連で)時、本気で

【もう、弟達の結婚式の準備の手伝いしたくない!
やる気なくした】


と、妹にメールで愚痴ったり
体調を崩したりと精神的に辛い時もあった。

その時の私は

・どうして私がここまでダメ出しをされないといけないの?
・多少パソコンが使えるだけで
「これをパパパッとやって」と簡単に言うな!


と愚痴だらけだった。
もう本音は早く結婚式終わってくれ~と。

…結局、ちゃんと手伝ったけど。

去年の夏から約一年。
え?もう一年になるの?と改めて驚いた。


結婚準備期間としては
長いのか遅いのか(少なくとも式場選びは遅かったけど)。

あっという間だったが
それも弟の謝辞でお開きとなる。

弟は、結婚式前夜までまだ謝辞の原稿が終わっていなかった。

採点しようか?と言ったら思いっきりスルーされた。

司会者の
『それでは、新郎otouto様より
皆様への謝辞を述べさせていただきます』

いよいよ、弟の謝辞が始まった。

新郎の謝辞(1)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり FC2 Blog Ranking 舅・姑・小姑ブログランキング
2012-12-20 13:00 | カテゴリ:弟の結婚式・披露宴
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:ウェディング
新婦ハルコさんから両親への手紙からの続き。


ハルコさんからご両親への手紙を読み終わった。

次は新郎新婦から両親への花束贈呈。

この習慣って全国共通かは分からないが、
少なくともこの地域では普通にある。

妹の時も(両親への花束贈呈)もちろんあって

母曰く
『あの時は私は泣かなかったけど、
お父さんは涙をポタポタさせていたのよ~』
と昨日のことのように私に言っている。

それ、何度か聞いたけど?とは言えない。

そして、弟とハルコさんが手に花束を持ち
弟はハルコさんのお母さん
ハルコさんは母へ一礼をして渡す。

どちらのお母さんも深く頭を下げる。

続いて弟はハルコさんのお父さんへ
ハルコさんは父へジャケットのポケットに
バラ一輪のコサージュを入れた。

どちらのお父さんも一礼をする。

司会者の女性が
『新郎様、新婦様のご両親へ感謝をこめての花束贈呈です。
そしてもう1人、大切な方への花束贈呈があります』

『え?誰?imouto知ってる?』
『知るわけないでしょ、私が』

そんな姉妹の小話は置いておき。

大きな花束を持った弟と一緒に歩くハルコさん。
招待客の席へ向かって歩いてきた。

何故かだんだんと
私や妹達が座っている席へ近づいてくる。

ジャストタイミングで司会者の
『その方は、新郎otouto様のおばあ様です』
同じテーブルの祖母への花束だったのだ。

私が知らないという事は、妹も当然知らない。

会場が暗くなり、スポットライトで祖母が照らされる。

年齢90代と高齢で
弟の結婚式に行けるかねぇ~
と心配していた祖母だった。

当日はホテルから車椅子の貸し出しもあったことで
安心して参列してくれた。

祖母への花束贈呈

弟が祖母に花束を渡す。

祖母は弟の大きな手をぎゅっと握り
何かを話しかける。

よく聞き取れないので弟は
祖母の口元近くに耳を近づけて話を聞く。


続いてハルコさんが祖母に挨拶。
ハルコさんが祖母と会うのはこの結婚式が初めてだ。

それでも祖母の話に弟と同じように
耳を近づけて聞き、微笑んでいた。

できれば結婚式の前に祖母と会ってもらいたかった。

しかし、祖母のデイケアの日と
弟達のスケジュールが合わずに実現できなかった。

このサプライズに
思わずこみ上げてくるものがあった。

妹も同じようにうるっと来たらしく
ちょっとだけ目元を指でおさえていた。

あまりにもこのシーンが良すぎたのだ。

周囲からも温かい拍手をもらい
祖母も嬉しそうに目を潤ませていた。

本当に。

祖母がこの結婚式・披露宴に来てくれて良かった。


今思い出してもうるっときてしまう。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり FC2 Blog Ranking 舅・姑・小姑ブログランキング
2012-12-19 13:00 | カテゴリ:弟の結婚式・披露宴
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:ウェディング
披露宴もいよいよ、お開きに近づいてきた。

ハルコさんがご両親への手紙を読み上げる。

この手紙、ハルコさんのご両親には知らせておらず
ご両親にとってはサプライズ。

手紙には仕事や学校の帰りが遅くなると
心配して駅まで出向いたお父さんへの感謝の言葉。

お母さんにも
色々と相談に乗ってもらったことに対する
感謝の言葉が綴られていた。

花嫁から両親への手紙

それをじっと聞くハルコさんのご両親。


ところで披露宴でいつから、
新婦が両親への感謝の手紙を読むようになったのだろうか。

少なくとも私が小学生の頃に招待された
いとこの結婚式では無かったような記憶がある。

当時子どもだったので、
ちゃんと覚えていないので実際どうだったのか分からず。

手紙を読む人と読まない人
どちらもいるようだ。

手紙を読まない新婦がいても決して
【どうして両親への手紙をやらないの?】
と一方的に見ないで欲しい。

これは新婦の女性の考え方と
もしかしたら両親へは式の前に
【お父さん、お母さん、長い事お世話になりました】
と個人的に挨拶をしている場合もあるのだから。

私の大学時代の友人にも
手紙はなし派もいたし、それだからと言って
『そんなのありえない』
なんて思わなかった。

・・・と思うのは私だけなのだろうか。

とにかく、どちらもアリなのは確かだ。


想定外。新郎新婦の花束贈呈。に続く。

(午後1時更新)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり FC2 Blog Ranking 舅・姑・小姑ブログランキング
2012-12-18 13:00 | カテゴリ:弟の結婚式・披露宴
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:ウェディング
仲人を立てないのはもう珍しくなくなった。


新郎新婦のそれぞれの友人代表のスピーチが無い
というのを両親から聞かされた。

それもイマドキなのだろうか。

そういえば、はるか昔。
大学時代の仲の良かったメンバーで
一番最初に挙式をした友人の場合。

地味婚(と本人が言っていた)だったからかもしれないが
そういうスピーチがなかったなと思い出す。

それを知った父は

『友人代表のスピーチが無いなんて!!』

ブーブー言っていたが
2人がそう決めたのだから受け止めるのみだ。


私は未経験だが
スピーチ原稿の作成は大変である。

重ね言葉を使ってはいけないし
切れる、別れる
と連想させる言葉を入れるのは当然ダメ。

もちろん、
過去の恋愛ネタ・遊び人でしたネタはご法度もの。


その代わりなのか
披露宴ではフリータイムが設けられていた。

ひな壇に座っている弟とハルコさんを囲んで
友達の記念写真(写メ含む)が始まった。

ハルコさんの友人達の撮影は華やかで良かった。

弟の友達は、
多少お酒も入っていてノリが良く
【ホラ、もっと呑めよ】
どんどん弟にビールをついで飲ませたり
30代から学生時代にかえったような雰囲気でにぎやかだった。

『こういうのもいいなぁ』
と彼・彼女らを眺めながら
何だか微笑ましくなった。

ひな壇に上がったのは友人達ばかりではない。

気づくと妹ファミリーが
ひな壇に上がって弟とハルコさんと一緒に記念写真を撮っていた。

弟の手がちょうどいいところに
甥の頭があったのでグリグリとなでていた。

確かに甥の今の身長だと
私でもグリグリ頭をなでたくなる。

それを楽しく眺めているうちにフリータイム終了。

気づけば私はひな壇で写真撮影してなかったことに気づいた。、
披露宴後に一緒に撮ろうと考えていた。


弟はかなりお酒を呑まされていたので
大丈夫だったのだろうか。

最後には新郎の挨拶があるというのに。


後日(ハルコさん)談:
『(披露宴後のホテルの部屋で)まだ呑み足りないと言って
また部屋で呑んでましたよ』

『は・・・?
あれでまだ呑み足りなかったの?!』

弟はお酒に強いとは分かってはいたが、
あれだけ呑んでもまだ呑み足りないなんて…


どんだけ酒豪なんだ、弟よ。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり FC2 Blog Ranking 舅・姑・小姑ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。