デジタル一眼
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-10-27 00:00 | カテゴリ:弟の結婚
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:結婚準備
父に『明日は母さんとホテルの下見に行って来なさい』と言われた私は、母と一緒にAホテルへ。


実は妹も数年前にここで挙式披露宴をやったところだ。

ホテルのロビーで案内の人が来るまでソファで待機していると、
小柄だけどスリムで颯爽と黒いヒールのパンプスで案内の女性が来て付いていく。

階段上るのも慣れているからか、背筋がしゃんとしていて
転んだりしそうにもないなとどうでもいい事を思いながら私は
太ヒールのウェッジソールの靴で手摺を掴みながら付いていった。


10畳前後の小さなサロンへ通され、担当の人が来るまでしばし待つ。

サロンには一組のカップルが、
もうひとつのテーブルには女性一人が
パンフレットとにらめっこしながら担当の女性と話をしている。



その空間はもちろん挙式をするのだから当然かもしれないが、幸せのオーラが漂っている。
どんな感じで?と言われても私もはっきり言い切れないがとにかくそういうオーラだったのだ。


『お待たせしました』
現れたのはフィギュアスケートの武田奈也に似たフンワリヘアの若い女性だった。
え?武田奈也が何でココに?!(それはない)ということで彼女の仮名は武田さんに決めた。


武田さんは色々なファイルを広げたり、
挙式披露宴でのプロカメラマンに撮影してもらい、
それを1冊の写真集にしたものを見本として見せてくれた。

母も『人に頼むと難しいし、
写真の整理整頓も面倒になってしまうからこういうのはいいね』と関心。

確かに写真の中で微笑んでいる新郎新婦や
招待客のいい表情がサイズのバランスなどを上手く配置してまとめられていた。

今はパソコンでフォトショップなどのソフトを使えば色々なことができるので、
写真の事はプロにお任せがよさそうだ。



私は初めて知ったのが、披露宴に出す料理がチョイスできるという事。

妹の披露宴でも美味しい料理がでて大満足だったから
コース料理かと思っていたのが、メニューの写真と値段を見比べながらこれとあれと…とできるそうだ。

母曰く、弟達も料理を選びたいと言っていたので
要望のひとつは叶ったというところだ。



他には新郎新婦の席の後ろの衝立をどうするかとか、
招待客のテーブルに置く花やテーブルクロスの色、
持ち込みする場合の料金(1つにつき、315円だった)
と細かいところまで説明してくれた。



挙式後、帰る際に2人からキャンディーなどの小さなお菓子を配ったりすることが
何度か友人の結婚式で体験しており、そのお菓子もちゃんと選べたりできるのは知らなかった。

中には本当に2人で小さな袋にキャンディーを詰めて配ったりすることもあるので
必ずホテルのものからという訳でもないのかもしれない。



日程も見てもらって、この日だ!という日時を仮予約する事に成功。

やはり場所は押さえておかないと後が大変。



『それでは披露宴会場とチャペルへご案内しますね』
武田さんに促され、母と私は武田さんの後について下見に行った。


『こちらが、披露宴会場として使う部屋です。』


広い部屋に案内された。

キラキラしたシャンデリア、座席はテーブルが少し置かれているだけで本当に広かった。
これで○○名は余裕で入るらしい。


『次はチャペルへご案内いたします。こちらからです』
と武田さんについてチャペルへ向かった。


武田さんもやっぱり、案内してくれた女性同様、
背筋をしゃんと伸ばしヒールのパンプスでも手摺を掴むことなく、階段を下りていった。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり
スポンサーサイト
2011-10-27 12:46 | カテゴリ:お知らせ
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:ひとりごと
アネです。

4か月もの間、ブログを放置していて
申し訳ございません。

元記事のコピペ作業が滞ってしまいました。

11月5日まで、毎晩午前0時に更新するように
予約投稿設定をしています。

予約投稿日数が分かり次第、
「お知らせ」カテゴリにてお知らせします。


できれば1か月分まとめて予約投稿をしたいのですが
本ブログの更新や他のことをしている状況です。

不定期更新になりますが、時間がある時には
予約投稿を増やしていく予定です。


今後とも当ブログをよろしくお願いいたします。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり
2011-10-28 00:00 | カテゴリ:弟の結婚
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:結婚準備
母と私は武田さんについてチャペルへ。


後から知ったのだが、妹は本当はチャペルでの挙式を希望していた。

だが、バージンロードは父親と一緒に歩く事が前提だ。
父はそれを嫌がったらしく、神前式になったという事だった。

それくらい娘の一生に一度の結婚式なんだから歩けばよかったのに。


『チャペルは数年前にリニューアルしたんですよ。
イメージとしては海、ですね。天井が波打つように作られていますよ』


天井を見上げると波をイメージした曲線だった。


『ライトの色でも随分雰囲気が変わりますよ。
今、明るさを調節してみますね』


武田さんが十字架の右側(画像で言うとオルガンの所)で
ライトアップをしてくれた。

『いかがでした?』
『ライトの色だけでも全然違いますね。ステキですね』
と満足そうな母。


ライトアップだけではやや寂しげだが、
実際の挙式では花などが飾られるのでもっと華やかになるだろう。

カタログやインターネットの画像だけでは伝わらない部分もあるので、
母曰く弟とハルコさんは何度かこっちに来て挙式披露宴の段取りをするそうだ。


ドレスに関しては
『ハルコさんには遠慮しないで自分が1番気に入ったドレスを着てもらいたいから。
ドレスは値段に関係なくハルコさんに選んでねって言うつもりだよ』


このホテルはドレスもたくさん選べるようで
ランクによってレンタル代が変わってくるらしい。


遠慮して着たドレスでは後々、
あの時はやっぱりあのドレスにしておけばよかったと後悔するくらいなら、
思いっ切り好きなドレスを着て良い思い出になるのが絶対いい。


縁なしの私ですらそう考えるくらいだから
ハルコさんはもっとドレスの事は気になっているはず。


妹もドレスに関しては試着で色々着まくって
本人の気に入ったウエディングドレスとカラードレスを着て結婚した。

写真を見るととても妹に似合っているカラーだった。


挙式披露宴の段階になるとここまで面倒…
いや、色々と準備しないといけないものが増えていくのは
主役である弟達も大変だが、家族も大変だ。


仮予約をした事は夜に弟からかかってきた電話で報告。
弟はまだ別に気になっている場所があるらしい…



人気ブログランキングへ にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり
2011-10-29 00:00 | カテゴリ:弟の結婚
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:ひとりごと
続・otoutoおじさんのおヨメさん の続き。


挙式会場を仮予約する時よりも日数は戻るが、
弟はちゃんとハルコさんを連れて妹家族に会いに来た。

最初は姪も甥も
『otoutoおじさんとぉ~おばさん(ハルコさん)が来る~♪』
とワクワクしていたそうだ。

実際ハルコさんと会うと
『おねえちゃん』と呼んでいたとの事。

その話を聞いた父曰く
『子供は正直だからな。
おねえさんと呼ぶかおばさんと呼ぶかは見てすぐ判断している』

『まぁ…ハルコさん20代だしおばさんには見えないからね』


一緒に人生ゲームをしたり楽しくお昼をしながら遊び、
途中からはかくれんぼを姪甥と弟がやっている間、妹夫婦とハルコさんは3人でトーク。

地元の結婚式の習慣とか諸々を話すと

『エエエッ?!
そんな事があるんですか?!』

と驚いていたらしい。

田舎だから招待客の人数が都会に比べると多い。
それに諸々とやる事が地方色満載で、とにかくカルチャーショックだったらしい。


弟のいない隙に妹は要領よくハルコさんと携帯メールアドレスを交換。
弟がいると色々うるさいのでこの時は姪と甥に感謝だ。


ハルコさんと会う機会がなかなか無くて、
母が1人で上京してから半年越えでの対面。

妹にしてみれば
『同じ東京にいるのに、どうして』
という気持ちが強かった。

東京にいるので何かと連絡を取りやすいし、
妹夫婦が結婚した時の話や相談事もできるので
ハルコさんもおそらく安心材料が増えたかもしれない。

弟に関しては、妹夫婦にも
アドバイスをもらった方が色々参考になるのに、
あまり口に出さない困り者である。


これをしっかり者と思うか、我が道を行くというか。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり
2011-10-30 00:00 | カテゴリ:弟の結婚
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:ひとりごと
昨夜、母が弟に電話した。

弟は結局、他の結婚式を挙げられるホテルなどが見つからず、
仮予約をしたホテルに決めたそうだ。


今日出かけた際に
『ああは言っていたけど、otoutoの口調が何となく怒っていたんだよねぇ。』
はぁ、と母のため息。その後に続いたのが弟は分かっていないという言葉。


今、挙式披露宴できることはとても幸せな事。(形式にこだわり?)


結納ではなく、食事会と言う形で終わったので結納金を出していないのだから
費用も折半ではなく、こちらで持たないといけない。
(弟の口からそういう言葉があったそうだ)


どうも母と弟の間で挙式披露宴に関する認識がズレている模様。


さて、どうしたものか…


どっちの言い分を聞いて私が何を言っても逆に怒られそうだからこっそり妹にメール。
メールの返信はまだきてはいないが、良い方に意識が向くことができればいい。



ただ妹も自分の結婚式がチャペル挙式希望が
神前式になったという経緯を最近になって聞いたので

何日か前(両親が出かけていたので内密)に電話で
『親戚の人が年寄りばかりだからって言うけど、本人達の希望はどうなるわけ?!
結婚式はまずは本人達の意思が大事でしょう?』

というニュアンスで私に言っていた。


途中で両親が帰ってきたので
『アッ!imoutoゴメン!親が帰ってきたから電話切るね』
と焦って切ったので妹の意見が中途半端に訊けずじまいだった。


親は招待する親戚が高齢者多しなので、
挙式披露宴をまとめてひとつの建物内でできるので負担が軽くなる。

という部分が一緒に暮らしているだけに、
もろに見えてしまうので言いたい事は分かる。



だが、弟やハルコさんにとっては一生に一度の結婚式。

招待された人はよほどの身内ではない限り、
食事が美味しかったね~くらいしか記憶に残らないが、
それだったら弟達の意見ももっと優先させるべきでは?


それでも時間は過ぎていく訳なのだが・・・


※追記※

決して二人の意志を無視しての下見ではなく、承諾を得てから行きました。
本来なら二人が行くべきですが、遠距離なのでこういう状況になっています。
(最終的には二人で決定し、弟が直接ホテルへに電話しました)



誤解を招かないようにできる限り、表現に気をつけます。
教えて頂き助かりました



人気ブログランキングへ にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり
2011-10-31 00:00 | カテゴリ:弟の結婚
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:結婚準備
妹宛てのメールで

『紆余曲折を経て~(以下略)決めたから』
と挙式披露宴会場をホテルに決めたと書いていた弟。


母は
『正直、東京でotoutoとハルコさんにお任せして
挙式披露宴を決めてくれればいいんだけど
お父さんが【東京でやるなら行かない】って言うしねぇ…』
とボヤいていた。


確かに地元よりは東京での挙式披露宴なら
こっちは前日に行けばいいだけなのだから。

父がもうちょっとアクティブだったらな…1人息子の結婚は嬉しいけど
トシがトシなので体力的に自信がないのだろう…


一応、場所の折り合いはついたので本当に良かった。

私も妹からのメールが気になり、弟に久しぶりにメールしてみた。

『元気?
ハルコさんと下見&打ち合わせに来るんでしょ?
色々大変だったけど二人の意見をちゃんと決めて
親にはあーしろ、こーしろって言われないように頑張ってね』

それから5分もしないうちに速攻でレス。

『(下見&打ち合わせは)そのうち行くよ
(親の)言いなりになりそうだけど、自分らの意見はきちんと通すわ』


まだまだ親達とぶつかりそうな予感がしているのが気のせいではありませんように。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。