デジタル一眼
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-05-12 12:35 | カテゴリ:お知らせ
ジャンル:日記 テーマ:日記
アネです。
かなりのご無沙汰となってしまいました。

毎日更新を目指していたのが
不定期なのにその間は毎日更新に。

「あ、ブログまだ辞めていなかったんだ」
と思われつつ、最後までコツコツと
更新を続けていきます。

しばらくの間は、
午後1時にアップを予定しています。

アンケートもいつの間にかコメントがあったりと
ありがたいです。
そちらは期間は設けていませんので
お気軽にどうぞ~


今後とも当ブログをよろしくお願いします。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ 
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
2012-05-12 13:00 | カテゴリ:弟の結婚
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:家庭内事情
今月、前撮りの為に来る弟とハルコさん。
来るのはいいのだが、
弟のマイペースっぷりに母はイラっときている。

我が家は長年利用しているKという旅行社で航空券を購入している。
以外と安くチケットが取りやすいので
弟は母にとってもらうこともしばしばある。
(ちなみにハルコさんが初めて来た時も
このK旅行社で航空券とホテルを取った)

弟達の代理(お金はもちろん払ってもらう)ということは、
希望する航空会社や時間帯をまず訊かないといけない。
電話1本で済むのに弟からは全然連絡がこない。

『あまりギリギリだとチケット代も高くなるし、
早めに連絡してって言っているのに!』

結局、土曜の朝に電話して弟を怒りながらも
K旅行でチケットを取る。
弟の希望の時間帯で予約するとあまり安くならなかったらしく
(聞いても逆に私が怒られるので)、

『だから早く連絡しなさいって言ったのに!!』

東京で格安航空券を買えるのはこっち側よりも
選択できる幅が多いのでは?と思うのだが、
弟の探し方がアレ?なのか、本当に無いのかが謎である。

母は弟に甘い部分もあるから、
何だかんだ言いながらも代理で航空券を取る。

さすがに今回の件では
『結婚式に来る時のチケットは
otoutoに自分で取ってもらう!!!』


(お母様、それは本当ですか?
結局またotoutoの代わりにこっちで航空券取るんじゃないでしょうか)
と思っている事は口に出せずに
ただ母のグチを聞くのに徹した。


弟も航空券に関してははお願いをする立場なのだから、
もう少しマメに連絡をする必要がある。
そして、電話ではまだ言っていないテーブルクロスの色で
揉めるかもしれないという事
(私・予想)をまだ弟は知らない。

両親が武田さんに聞いた話だと、
ハルコさんのドレスの色を引き立てる為にその色にしたらしい。
(詳細については→テーブルクロス、それアリなんですか? )


両親→黒だと全体的に暗くなるし、
年寄りだと特に嫌がるから良くない

弟→今の結婚式のスタイルのひとつ。
それで色々言うのは頭が固い


本当に大丈夫なのか。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ 
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり FC2 Blog Ranking
2012-05-13 13:00 | カテゴリ:弟の結婚
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:結婚準備
披露宴では招待客の中には数名ほど子どもも招待している。

弟側は姪甥と従弟妹の子ども。
ハルコさん側にも2~3人?ほど招待しているようだ。

私達きょうだいには歳の離れたいとこ(父方)が多く、
子どもの年齢も中学生以上もいるが、いとこ夫婦だけ招待。

妹の時にはいとこ夫婦と子どもも招待したので
色々と大変だったらしい。

小学生以下の子どもで誰かに預かってもらえないところだけ招待。
中学生以上のいとこの子ども達については、
家で留守番でお願いします、という方針でうちの家族で決めた。
(でも本家は別。
本家の伯母や従兄夫婦・子どもたち(成人)全員)


招待する人選って結構難しいものである。
弟もあまり多く招待はしてもらいたくないので
最低限の人数で抑えている。

その割には、弟の友達軍団はいっぱい招待してるが?


私や妹から見てコイツ友達いるのか?と思っているし、
ハルコさんにも未だに
【otoutoのどこがいいの?】
という理由も訊けていない。

いつかは訊けるだろうけど。


やや脱線気味だが、
子ども達には大人と同じメニューではなく、
【お子様ランチ】メニューがある。

大人と同じメニューだと食べきれないだろうし、
それなりに料理には力を入れているので
予算も・・・ね。

でもお子様ランチ(披露宴は夜だけど)も
大人よりも安いとはいえ、
これもなかなかいいお値段。

実際、どういったメニューなのかは
当日にならないと分からない。

・・・という事を以前妹に話したら

『お子様ランチかぁ…
甥太には少ないかもしれない』


甥は小学生でありながら
大人並に食べることもある
(ただし、好きなメニューに限る。特に肉)。

『え~、簡単だよ。物足りなかったら
大人メニューを少し食べさせたら問題無し!』
どれだけ食べるのだ、甥太は。

昔は結婚式での食事に
お子様ランチというものは無かった。

私が子供の頃に招待された結婚式の披露宴って
長いテーブルにズラズラ~と並べられたお祝い弁当とジュース1本。

折り詰め弁当なので魚のからあげみたいなものと、
甘納豆みたいな豆にお赤飯と色々。

子どもの頃、かなりの食わず嫌いだった私には
食べるおかずが半分あるかないかだった。

しかも冷めているので食べても味が今ひとつで。
あの頃はそれが主流で、
美味いマズイは二の次だった。


それに比べると
姪や甥は恵まれすぎていてうらやましい限り。
今みたいにホテルで挙式~披露宴まで一通りできるようになったのも
この10数年くらいではないかと記憶している。


大人メニューも楽しみだが、
お子様ランチもどういうものか興味津々。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ 
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり FC2 Blog Ranking
2012-05-14 13:00 | カテゴリ:弟の結婚
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:家庭内事情
父の日のプレゼントを買いにでかけた。

母の運転する車ででかけたのだが、
いざ買い物をするところでバッグの中に財布を入れ忘れていた。
泣く泣く母からお金を借りる羽目になった。


そんな日のランチタイム。
デパートの中にあるAカフェというお店で
着物を干して防虫剤のうっすらしたニオイが取れないよねや、
弟達にはテーブルクロスの色は変えてもらうように話すなど、
結婚式関連の話題が続いた。


『着物の着付けはホテルでやるんだよね。
あ、そうだ。
私の髪の毛もアップしてもらえるんだよね?』

『予約はあんたとimoutoと私の分は入れておいたから』

『着物の時って普段の化粧だと
ナチュラルメイクしかしないから、
ヘアメイクやってもらえるのは助かるよね』

返答した母の言葉が

『何言っているの?
ヘアメイクは母さんだけよ。
あんた達は髪の毛だけだから』


エエッッ!!!

『どうして?私達の分は自分でなの?!』
『そういう事になるね』
『imoutoの結婚式の時には
ヘアメイク全部やったんだよ』
『そうだった?』

自力です、か。

私の頭の中ではすっかりヘアメイクは
ホテルでと思い込んでいたので思わず固まってしまった。

着物時のメイクってよく分からない。
こういう時こそのインターネットの検索機能を駆使したり、
雑誌チェック等、自力で何とかしなくてはいけない。

ネックなのが
メイクテクニックの華やか系は殆どやったことが無いところだ。

どうするaneとimouto。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ 
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり FC2 Blog Ranking
2012-05-15 13:00 | カテゴリ:弟の結婚
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:家庭内事情
妹の結婚式の時は、20代後半だったが、
振袖は微妙すぎる!と妹の訪問着を借りた。

今回の弟の結婚式では
着物を仕立ててもらった。

(着物については→『あなたは着物を着せやすいわね』 参照)


妹は既婚なので留袖を着ることになっている。
母が父のレンタルする燕尾服のサイズ合わせに
ホテルへ行った時に、妹の訪問着も独断で選んできた。

『aneが黒の着物で、
imoutoも黒留袖だったら受付で暗いでしょ。
だからimoutoのは色留袖にしてきた』
『色留袖って?何色にしたの?』
『落ち着いたピンクにしてきたから』

どうやら色留袖のレンタルを
さっさと決めてきた模様。
(妹には事後承諾)


恥ずかしながら留袖=黒しかないと思い込んでいたが、
どうやら既婚女性でも
若い人(20~30代)は色留袖を着用することもあるそうだ。

知識がないのでネットで検索。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』→留袖

わかりやすいのが→きものまめちしきこうざ
(留袖きもの)

図解されているので留袖の模様にも
年配向け・若い人向けでだいぶ違うことも初めて知った。

留袖の模様ってどれも同じようなものかと思っていた。

着こなし方はYahoo!知恵袋も
検索で出てきたので→色留袖の上品な着方


真夏の結婚式だけど、
私たちの着物は冬向けのものだ。


母の友人の着物店をしているAさんいわく、
夏向けの素材の着物よりも冬向けの着物の方が写真写りが良いらしい。


ちなみに母は黒留袖のレンタル ではなく、
自前の黒留袖で着付けしてもらうとの事。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ 
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり FC2 Blog Ranking
2012-05-16 13:00 | カテゴリ:弟の結婚
ジャンル:日記 テーマ:ひとりごとのようなもの
テーブルクロス、それアリなんですか? で、
黒のテーブルクロスを選んでいる弟達。

うちの両親は反対していると前回のブログで書いた。
険悪な空気の中にいる私としては、
もうさじを投げたい衝動に駆られる。

だが、私が投げたからって変化があるわけではない。

テーブルクロス


この2つのキーワードは
なるべく避けるようにしている。


家では愚痴ってもさらに険悪になるので、
土曜日に高校時代の女友達8人で集まる日、

『・・・ということで揉めてるんだよね。
M美ならどう思う?』

食事をするお店に向かう途中、
運転をしている友人M美に愚痴交じりの相談をした。

彼女はそうね、と前置きして

『黒のテーブルクロスは、
東京でやるならいいかもしれないけど、
ここは○○(地元)だからね。

弟さん達は分かってないんじゃない?

こっちで式を挙げるなら、
ここのやり方も取り入れなきゃいけないと思う。

弟さん達の仲間内だけなら黒でもいいかもしれないけど。

招待客は親戚もいるし、

ane達のお父さんやお母さんの
付き合いで招待する人だっているんでしょ?

やっぱり【黒】と言うだけでも
歳のいった人達には受け入れられにくいし。

二人の為の結婚式だけど、
そういう事情も汲み取らないといけないんじゃないかな』

さすがM美、大人の意見だ。
思いっきり頷きながら話を聞く。

『母さんは、電話ではその事には触れないで
弟達が前撮りに来た時に話すって言ってて。
修羅場になるのが目に見えるよ…


大変だね、とM美の目がそう語っていた。
大変だよ、と私もそういう目をしていたと思う。


この日は友人達と楽しく食事し、
呑んだりとストレスの解消にもなって
楽しく過ごすことができた。



そのつもりだったのが、
翌日(日曜)にバッサリ…



人気ブログランキングへ にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ 
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり FC2 Blog Ranking
2012-05-17 13:00 | カテゴリ:弟の結婚
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:家庭内事情
大揉めの予感 の通り、翌日の夜それは始まった。

ようやく、弟からの電話があった。

元々、学生の頃から家にはあまり電話しない弟。
男だからかもしれないが、
色々な差し入れを送っても
【届いた】の連絡も無し。

今回もこんな調子で
忙しい弟達に代わって航空券を取り、
送ったのにやっぱり連絡は無し。

届いている頃かなと見計らってこっそり弟にメール。

航空券届いてる?
届いたならさっさと家に電話しろ!!
 

ではなく、

航空券届いた?
届いたら家に電話したら?
親も安心するよ


と優しいメールを送る姉。
すぐに返信があり

航空券届いています。
家に電話します。


こういった内容だったので
その日の晩に電話かかってくるだろうと予想していたら、
電話無し。


電話がかかってきたのが、
その数日後の日曜の夜だった。

遅すぎる。

ちょうど私は夕食の片付けをしていて
電話に出たのは母だった。


以下、母の会話のみなので弟の口調は不明。


『航空券届いたんだね。良かった。

ところで、otoutoにお願いがあるんだけど。
テーブルクロスの色は黒は変えてもらえないかな?

お父さんの燕尾服借り(サイズ合わせ)に行った時に
武田さんから聞いてびっくりしたんだよ。

・・・何?無理やりって?!
いつ母さん達があんた達にごり押しをしたっていうの?!

テーブルクロスの色だけ変えて欲しいって言ってるの!
他のドレスや食事に関して口出ししていないでしょ。

・・・考え方が古いって?!
東京で友達を呼んで
どこかでパーティをする時になら
黒でも何色でも構わないよ。

だけどね、
こっちで式挙げるからには
会場が黒だけで暗くて重くなるんだよ。

白と黒は葬式の色
というイメージにしか受け取られないでしょ。

そもそもあんた達の新しい門出に
白黒だなんて何考えているの?!

・・・頭ごなしに言っている?
あんたの方が人の意見聞かないからでしょ!

・・・それが古い考え方って?!
だからそういったことは
東京でやったらいいって言っているでしょ!

ちょっと、聞いてい・・・
向こうから電話切られた! 』


えええっ!?


人気ブログランキングへ にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ 
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり FC2 Blog Ranking
2012-05-18 13:00 | カテゴリ:弟の結婚
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:家庭内事情
弟から電話を切られてしまった母。 
テーブルクロス以外でも揉めていたようだ。

母は航空券の予約は
1日でも早いと安く取れるという事も話していた。
しかし、弟はその状況をあまり把握していないようだ。

本当なら安くて○万円で行けるところを
○+α万円と金額が跳ね上がる。

その+α万円が浮く分、
他の事に使えるし貯金に回すことだってできる。

何というもったいなさ。

私だったらとことん、
安く行ける方法をネットも駆使してでも探す。



今回は弟がよくない。
本来なら自分でしなくてはいけないことを
代わりに母が協力したのに、
もう少しは感謝をしてもいいのではないだろうか。


それから母は不機嫌状態。

私や父のしょうもない会話(単なる雑談)を
聞いて勝手に怒られたり、とばっちりを受けていた。

電話で話す内容でもないし、
前撮りで来た時に直接顔を見て話し合いになるが、
これ以上揉めないでもらいたい。


どこのカップルもこういった
大なり小なりの揉め事はあるとは何となく理解できる。

だからこそ、
せっかくの結婚式なのに準備段階で
家族で揉めるなんて勘弁。


このブログを始めた当初から、
色んな事を体験してきた私達家族。


独身の私には知らなかった事があったり、
とにかく何でこうなるんだ?という出来事だらけ。

その中でも想像の斜め上をいくのが
テーブルクロスの色だとはまったくの想定外だった。


近々直接対話があるので
今から胃が痛くなりそうだ。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ 
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり FC2 Blog Ranking
2012-05-19 13:00 | カテゴリ:弟の結婚
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:結婚準備
地元の親戚関係に配る招待状が出来上がったと連絡を受け、
母と共にホテルへ。

私にとっては久しぶり。

よく考えても、
結婚する本人でもないのに、
受付サロンへ行くなんて変な話である。

久しぶりに武田さんにも会った。
が、向こうは数ヶ月前に一度会ったきりで忘れられていた。
(それは仕方が無い)

出来上がった招待状はなかなか洒落た仕上がり。
封筒の宛名も母が一通りチェックし、
一部漢字の違っていた人の名前を発見。

『リスト作成したの私です。すみません』

私は冷や汗出そうなくらいに身が縮こまる。
誰だって自分の名前を間違えられるのは
あまり嬉しくはない。

『大丈夫ですよ~。ちょっと印刷してきますね』
武田さんはこういう対応にも慣れているので
ささっとパソコンとプリンタで印刷修正。

封筒に印刷された氏名。

パソコンにあるフォント(文字のデザイン)は
今は豊富にある。

ホテルで印刷されたものは
よくよく見ないと印刷?と分からないくらいのモノだった。

限りなく手書きに近い。


私の使っているノートパソコンも
筆文字タイプのフォントは入っている。
これもまた年賀状向けの立派な文字だが、
いかにもパソコンで選択した文字というものだ。


それから修正済みの印刷された封筒を受け取り、
母が早速というか、即、

『息子達の選んだ
テーブルクロスの事なんですけど…』


この日の目的その2が始まった。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ 
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり FC2 Blog Ranking
2012-05-20 14:11 | カテゴリ:弟の結婚
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:結婚準備
【お詫び】本日予約投稿更新していた当記事の中身がなくて
申し訳ございませんでした。
再度記事をアップさせていただきます。


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


式場のあるホテルへ行く目的・その1→招待状 の続き


母が武田さんに

『息子達の選んだ
テーブルクロスの事なんですけど…』

切り出してきた。

『私も主人も、
この間燕尾服のサイズ合わせに来た時に初めて聞いて、
黒?!と驚いてしまって…

電話で息子に
黒だけはお願いだから変更して欲しいと言ったんですけど、
息子も準備でイライラしているし、
私もやることが進まないとイライラしていたものですから…

息子が怒って電話切られて』(要約)

武田さんは
『黒というのはどうしてもお葬式のイメージがありますから』

としか言えないだろうな。


『私が言っても聞かないので、
武田さんの方からも次回息子達が打ち合わせが来た時にそれとなく、
別の色に変更を勧めるようにお願いしてもいいですか?』

『分かりました。』

家で電話越しに弟とケンカ口調になっていたのを聞いていた私も、
結婚式の準備で揉めて後々も遺恨を残すのだけは避けて欲しい。

こういうのって後々も響くからだ。


かなり前のブログでも
私の友人が旦那さんのお母さんに勝手に
結婚指輪のデザインをコレね、
と選ばれてしまったという話を聞いた。


結婚して10数年経過しても
不満な点はしっかり覚えているものだ。

100%満足のいく結婚式というのは難しいと
独身の私にも分かっている。

だからこそ、揉めて欲しくない。

『黒だとお花の色や、
ドレスの色が引き立てられると息子は言っているんですが、
他の色でも引き立てる事はできるんですよね?』


『そうですね、花屋さんとも話しましたけど、
ワインカラーもキレイに引き立てられるのではないかと言っていました』

テーブルクロスの色は武田さんに申し訳ないが、
他の色を提案するように話を進めてもらう事に。


ウエディングプランナーという職業は
様々な場面に対応しなくてはいけないので
大変だろうなと感じた。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ 
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり FC2 Blog Ranking
2012-05-21 13:00 | カテゴリ:弟の結婚
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:結婚準備
テーブルクロスでの色の件は
ひとまずこの方法でと決まる。


武田さんが分厚いファイルを持ってきて
『お姉様にも見ていただけますか』

そのファイルには
テーブルクロスなどに使うサンプルの布がたくさんあった。

『たくさん色があるんですね~
パステル系もすてきですけど、
シャンパンカラーも華やかで良さそう。』

母ものぞきこんで
『ハルコさん、パステル系も
好きな色だって言っていたから
他の色でもいいのにね。

武田さんからも
なるべく別の色をという方向で話していただけませんか』

大変だとは思うが、武田さんにお願いをする母。


帰宅後、
『otoutoは順番だてて話をしていかないと、
聞くものも聞かないよ、母さん。
・・・あまりしゃしゃりでるのもアレだけど。
私からもそれとなく聞いてみるよ』

スライドショーに使う写真を選んで、
コレがいいよ!これ!
と幼き日の写真をプッシュするようには
簡単ではない。

大丈夫だろうか。

最初の頃弟に応援するねって言った手前もあるが、
私の提案という名の口出しはやはりいかんだろう。
きっと怒るに違いない。


これが東京都内での披露宴だったら、
こんなに展開にはなかったのでは。

もうすぐ弟とハルコさんが来るので、
その時にちゃんと双方が話し合える。

こんな時姉はどうすればいいのだろうか。


1・両親を説得(弟の応援)
2・弟達を説得(親の応援)
3・いっそのこと、両方やっちゃえば?(黒と別の色の二色使い)
4・口は挟まずにひたすらスイス(永世中立国)以上の中立派になる。


これだけしか思いつかない。
揉めない事を祈るばかり。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり FC2 Blog Ranking
2012-05-22 13:00 | カテゴリ:弟の結婚
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:家庭内事情
誰がモチベーションUPしているのかというと、
祖母である。


だいぶ前にブログでも
いくつか更新したことがあるが、
年齢は90代である。

祖母の年齢を考慮し、お手洗いに行きやすいよう、
ドア付近で私と妹(&妹家族)と
祖母(&伯父・伯母)の席配置にした。

足が弱いので伯父が車椅子を用意することになり、
とにかく安心して弟達の新郎姿を見てもらう。

地元の親戚関係に
手渡しで配る(弟関係は弟達で発送済み)際、祖母にも
『おばあさん、
これがotouto達の結婚式の招待状だよ』
と手渡す。

祖母は
『どんな感じかねぇ』
と開封する前に何故か仏壇にささげるようなポーズを取る。
仏壇は祖母の後ろ側だったが。

心配していた祖母も、目処がついて
披露宴に着ていく服を母に見てもらって服を決めた。

そして、披露宴の日に
美容師を頼んでヘアメイクしてもらいたい
という希望も出した。

祖母の話によれば
家に美容師が出張してきて
ヘアメイクしてもらう事ができると言った。
伯父と伯母はそれぞれの用事で出かけていたため、
後から母が二人に電話で再度お願いをする。

『otoutoの結婚式に向けて
やる気が出てきて良かった』
『おばあさんも楽しみにしてるし、
これでモチベーションも上がるよね、母さん』


本当ならチャペルでの挙式にも出席して欲しかった。
が、年齢を考えると
挙式から披露宴までの長時間を考えると
体力的問題もあり、披露宴だけに。

『おばあさん、披露宴は○時からだからね。
当日は午前中は
ゆっくり家で休んでから来てちょうだいね』
母は祖母に念押しした。
(母は祖母の事はお母さんではなく、おばあさんと呼んでいる)

『そうしようねぇ』

祖母の楽しみにしている顔を見てると、
色々大変だけど結婚式の準備の手伝い、
もう少し頑張れそうな気がしてきた。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり FC2 Blog Ranking
2012-05-23 13:00 | カテゴリ:弟の結婚
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:結婚準備
結婚式のお知らせ=招待状。

弟の友人関係、
ハルコさんの友人・親戚関係は既に発送済み。

地元の親戚や両親の友人関係は
手渡しできる可能な範囲は手渡しをする。
ちょっと行くには遠いかなというところには郵送。

他ではどういう風にするのかは分からないが、
私の知る範囲の地元では
上記のような事が普通となっている。

極端に言えば、式の2週間前に

『今度、自分の息子(娘)の結婚式があるから
披露宴出てもらえる?』


極悪スケジュールでの招待もあると聞く。
さすがにそれは嫌だ。
せめて一ヶ月+α前には連絡してもらわないと。


母と共に招待状を手渡しに出かける。
本家は徒歩5分圏内なので問題なし。


そして車に乗り、母の古くからの友人
Kおばさんの家と
妹の義理両親(ジロー君の両親)の家へ向かう。

『招待状だけ持っていくのは気が引けるから~』

と、途中Kおばさんにはケーキ、
ジロー君の両親にも差し入れを買っていった。

Kおばさんにはすぐに手渡し完了。

ケーキを持っていったのに、
逆にこっちも野菜をたくさんもらってしまった。

ジロー君の両親は
アポ無しで行ったのもあるが、
チャイムを鳴らしても誰も出てこない。

『母さん、お義父さんやお母さんいないみたいだよ』
『やっぱり電話してから行くべきだったかな』
招待状は玄関ドアポストへ入れ、
差し入れはドアノブに引っ掛けて

『よし、これで大丈夫!』

何が大丈夫なのだろう…


こういう風にいない人の家には
郵便受けに入れることも多々ある。

差し入れをドアノブに掛けたままなので
帰宅後、母に電話したら?
とだけ行って買い物に。


最初っから、郵送が確実なのではないだろうか。
私もそれが一番確実
(郵便事故の無い限りは)だと分かっている。

昔はそう思っていた。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり FC2 Blog Ranking
2012-05-24 13:00 | カテゴリ:弟の結婚
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:結婚準備
招待状を手渡しする理由(前編) の続き。


今だと、直接顔を見て手渡しできる人達には
【よろしくお願いします】
という意味で挨拶をする。

相手には時間を割いて来ていただくのだから、
私達家族もそれ相応の礼を尽くす。

できれば招待者の人達全員にそうしたいのだが、
さすがにそれは難しい。

我ながら古い考え方になってしまったなぁ
と感じつつも、こういうのも悪くない。

どうしても郵送でしかできないところへも後日

『招待状届きました。喜んで行かせていただきます』

という電話をいただけたりすると嬉しい。


東京在住の妹家族にも郵送。
夫婦で1通、姪と甥にそれぞれ1通ずつ招待状を入れた。

これは両親の意向で
【初めての結婚式に呼ばれるから、その思い出に】
と姪と甥に喜んでもらいたいということだった。

姪からも電話が来たらしく(私は入浴中だった)、
自分専用の招待状への嬉しさいっぱいだったそうだ。

『姪子、招待状大事にとっておくね♪』

喜んでもらえて良かった。

姪はまだ1歳過ぎた頃に
既に従妹の結婚式に呼ばれていたが、
これは本人の記憶にない頃。

今回の弟の結婚式が初!なので
ものすごく楽しみにしている。


あまり手伝ってくれない父も
近所にいる親戚には自分で歩いて
一軒一軒招待状を手渡してきた。

父関係の招待状は母に比べると、
そんなにのんびり手渡していていいのだろうかと気になる。

…何もしないよりは全然いい。


こうやって裏方に徹している
私と母(父も…一応は(汗))も少しは報われる。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり FC2 Blog Ranking
2012-05-25 13:00 | カテゴリ:弟の結婚
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:結婚準備
ブーケプルズとは何ぞや? の続き。

チラッとしか見ていないが、
披露宴のプログラムの中に見つけてしまった

『ブーケプルズ』

(意味についてはブーケプルズとは何ぞや? 参照)

まさか、20代の若い独身女性と一緒に
私も呼ばれる事はない…か?
と1人先走って動揺中。

弟が来た際には
ハルコさんには内密にと、
尋ねておかなければいけない。

当然、釘も刺す。
(違っていたら冷たい目線を浴びるだけ)


人前に出るのが物凄く苦手なので
【考えすぎ】
で終わることを望む。

こればかりは勘違いしてるんじゃないの?
というツッコミの可能性が高いので今のところは内密。


色んなブログや掲示板では賛否両論。
悲喜こもごもな思いをした人の話が
載っているのを読むと、決して他人事には思えない。

まさに、どうするアラフォー姉

ブーケプルズとは何ぞや?
の記事でいただいたコメントでは、
参加したという方の体験談を読んでいたからか、
無駄に反応してヘタレている。

気のせいで終われば幸いだ。

弟達が来るのはすぐそこだ。
解決していない問題
(テーブルクロス)があるので、
むしろそっちが気がかりである。

もう式まで時間もないのに、
これでゴタゴタしたらそれこそ大変だ。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。