デジタル一眼
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-12-03 22:07 | カテゴリ:弟の結婚式・披露宴
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:ウェディング
乾杯には私はギリギリで間に合い、
妹夫婦は残念ながら間に合わず。

しかし、途中入場の為、
弟とハルコさんが壷にお酒を一緒に注いでいる場面はどーなってるの?
と分からずじまいだ。

弟達のこだわりの料理がオードブルから運ばれてくる。

受付でずっと緊張していた為、
空腹状態の私はすべて美味しくいただいた。

デザートが運ばれてきた時点で気づいた。

【料理の写真撮ってない・・・】


さすがに披露宴の料理を全部撮影するのも
品がないような気がした。

デザートのみの画像掲載。

披露宴のデザート

画像の左から
・お芋のモンブラン
・ピーチのショートケーキ
・マンゴームース

実際は小さめサイズで別腹で美味しく食べた。

料理のメニューは手元にあるので、
文字を見て想像をしてもらいたい。

オードブル
フォアグラノテリーヌとドライイチジク
サーモンのマリネのキャビア添え
鴨のロティのバルサミコソース

スープ
塩豚の地元風ミネストローネ

お魚
鯛と有頭海老の酒蒸し 紅白ソース

お口直し
柑橘系の氷菓子(シャーベット)

お肉
国産牛フィレ肉のローストのマデラ酒風味 季節の野菜添え

デザート
上記の通り

コーヒー

パン
(これはお肉料理の前に運ばれてきた・・・はず)

名前は難しいかもしれないが、
どの料理も本当に美味しかった。

以前、弟やハルコさんにそれぞれの両親の6人で
試食会があったのをあえて行かなくて良かったかもしれない。

楽しみと言うのは
後に取って置くほど、嬉しさ倍増なのだと。

これは自分に言い聞かせているわけではなくて、
本当にそう思ったから。

どの料理も二人がこだわっただけあって、
味も濃くなく薄くもなく、
そしてお年寄りにも食べやすい
やわらかいメニューが殆どだった。

90代の祖母も結構食べてくれていたので分かる。


ちなみに子ども達(小学生以下)には
お子様ランチメニューのワンプレート料理だった。

さすがに大人と同じメニューは
子どもには食べるのも大変である。



後日談

招待された人には口々に
【あの料理、美味しかったわよ~】
結構評判が良かった。

披露宴での思い出というのは正直、
新郎新婦の衣装の色は忘れたとしても、料理の良し悪しで

【ステキな結婚披露宴だった】
と思う事が少なくない。

故に多少料理にお金をかけてでも、
おもてなしをするというところが大切だ。


そういえば武田さん(ウエディングプランナー)も言っていた。

『料理にお金をかける分、
引き出物は価格を抑え目にされる方達って多いですよ』

言われてみれば納得できる。


そして唯一、ホテル側の対応(むこうとしてはサービスのつもりだった)で
弟とうちの親が

【やらなくていいって言ったのに!】

とブーイングな点があったのが残念。


本当は入場前から見たかった・・・です。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり FC2 Blog Ranking 舅・姑・小姑ブログランキング


新郎新婦のそれぞれの待合室でオードブルの軽食があったこと。
甥太がちょくちょく食べていたらしく、披露宴の料理が完食できなかった。
おそらく他の参列者も食べていたのかもしれないと。
スポンサーサイト
2012-12-05 13:00 | カテゴリ:弟の結婚式・披露宴
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:ウェディング
私の住んでいる地方の結婚式では、
余興に命を賭ける人達がいる。

【もし余興やるならちゃんと言ってね】
や、
【一番最初の踊りをお願いできる?】
と事前にたずねたりお願いしたりするのだ。

さすがにはじけすぎて全裸(一部は隠して)
をする人はいないが、
とにかく余興に燃える人達はある一定数で存在する。


妹の結婚式には私と弟はもちろん余興の練習はなし。

ぶっつけ本番で舞台の真ん中で
他のいとこやその子ども達と共に歌った。

【愛の賛歌】で。

もっと今時の歌が良かったのかもしれないが、
いとこ達との年齢差が…

それも今となってはいい思い出である。


順番はやや逆転するが、まずはハルコさんのお友達から。

女子大の友達が7人で舞台に立った。
ハルコさんとテニスサークルで頑張ったり、
旅行をした時の写真をスライドショーに合わせてナレーション。

彼女達はアクティブで、
ピラミッドを背景に記念写真があったりと、
海外旅行も楽しんでいたようだ。

『ハルと大学の時はずっとダブルス組んで試合に出たりしたよね』
と、思い出を語る。

スライドショーの終盤では
当日結婚式には来れなかった友達のビデオレター。

『ハル、行けなくてごめんね。
これからのハルの幸せを願っているね』

ハルコさん、いい友達が多い。

それにしてもなかなか凝っていて、
製作するのに時間がかかっただろう。

弟やハルコさんもかなり苦労していたからだ。
自分たちのスライドショーの作成も
仕事と並行にやるのは大変だったろう。

印象的だったのは、
女の子達は白い花をひとつずつ、
耳に挟んで髪飾りしていた。

そういえば、受付で手伝ってくれたコ達も
既に白い花を耳に挟んでいた。

ハルコさんがお願いして配ったのかと思いきや

『空港で見つけて
みんなで買ってやってたみたいですよ』だった。

ハルコさんの友達での余興(?)はこのスライドショー。
何だか見ていて微笑ましくて温かい気持ちになれた。

そして、弟の友達軍団は・・・

余興燃ゆ・2(披露宴) に続く。

(明日の午後1時更新)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり FC2 Blog Ranking 舅・姑・小姑ブログランキング

後日、母が
『ハルコさんのお友達はキレイなコばかりね』
と言っていた。

そりゃ、サークル勧誘するなら
キレイなコやカワイイコ優先に声かけるでしょう
・・・多分
2012-12-06 13:00 | カテゴリ:弟の結婚式・披露宴
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:ウェディング
余興燃ゆ・1(披露宴)の続き。


弟の友達は結構な人数を招待していた。

中高時代・大学のサークル・大学のゼミ
と様々である。

余興もそれぞれに趣向をこらしていて、
見ていて面白いのだ。

画像のは、中高時代の友達が踊っているもの。

出てきた時には皆してお面(しかも弟の顔)で、
いつ練習したんですか?
というくらいに息がぴったり合っている。

披露宴(弟友人)1

気がつくと、
ひな壇に座っている弟の元に数人がやってきて、
舞台に引っ張り上げられていた。

苦笑いをしながら舞台に上がる弟に・・・

披露宴(弟友人)2

お約束?のどつきまくり。

弟の友達は半数が独身だというので

【うらやましいぞ、このヤロー】
という人もいたかもしれない。

披露宴(弟友人)3

画像にはないが、
大学のサークル友達の余興も変わっていた。

踊りをする時間もなかったが、
これもまた面白かった。

名づけて、弟の暴露コーナー。

数人が舞台に立ち、隊長格の人が

『これから、otoutoとハルコについて
お前達が調べた結果を発表してもらいたい』

これは、私やimoutoにとって
ものすごく食いつきのある余興であった。


余興燃ゆ・3(披露宴)に続く。

(明日、午後1時更新)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり FC2 Blog Ranking 舅・姑・小姑ブログランキング
2012-12-07 13:00 | カテゴリ:弟の結婚式・披露宴
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:ウェディング
余興燃ゆ・2(披露宴)の続き。


弟の学生時代の謎が今、ここに暴かれる!

期待をしながら耳を傾ける私と妹。

いい意味で、
大学時代の弟の過去がいくつか分かってきた。

弟は大学のことや仕事の話を一切話さないので、
本当に友達いたんだろうかと思っていたのが…


●飲み会でダウンした友達を介抱していた。
→この話は聞いた事はあるが、冗談ではなく事実だと判明。


●ハルコさんとの最初のコンタクトは
メールではなくいきなり電話からだった。
→メールじゃなくて電話!がポイントである。
(男性の方、メモ!メモ!)


●某有名コンサートのチケットを
根性でハルコさんの為にゲット。
→姉2人には当然、そこまで親切ではない。

むしろ、私がチケット取っていた。

暴露コーナーなのに【いい話だ】
と微笑ましくなったのは気のせいだろうか。

さすがに30代男性にもなると
節度を守っての暴露である。

『よし、報告は分かった。
これからotoutoとハルコは上手くいく!』

最後は隊長の人の言葉で〆られた。

他にも、騎馬戦の体制で
弟を上にして走り出そうとしたら…

弟重すぎ
友達体力衰えすぎ

(だから少しは身体絞れって言ったのに)

とあまりのヘタレっぷりに苦笑い。

大学時代の友達とは弟も含めて、
母校の校歌を
歌っていたのも良かった。

皆で肩を組んで
とノリノリで歌っていた。

『サークルの方で校歌を歌うって聞いているんですけど…
何をやるのかがちょっとこわくて』

ハルコさんは心配気味だったが、
それもなく、安心して校歌を聴いていた。

時間もないし、忙しい間をぬっての余興の練習。
これだけ多くの友達に囲まれて弟は幸せ者だ。

社会人になると、
なかなか友達を作る機会は少ない。

だからこそ、
学生時代の友達というのは大切なのだ。

弟には友達がいるんだろうかと思って申し訳ない。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり FC2 Blog Ranking 舅・姑・小姑ブログランキング
2012-12-08 03:00 | カテゴリ:弟の結婚式・披露宴
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:ウェディング
弟とハルコさんの
幼少の頃からのスライドショーも上映された。

何枚か実家でセレクトして東京へ持ち帰ったので、
どの写真でアップしたのかは見当つかず。


まずは弟。
100日記念写真から始まった。

次は2、3歳頃の
『この写真がいいって!ウケるから』
と推薦した写真が使われていた。

木の間から顔をのぞかせている写真。
これはイイ、と母も太鼓判。

今では・・・と遠い目にもなるが、
使用してくれたのでよし。


ハルコさんは七五三などのかわいい着物姿や、
学校行事の写真等、ご両親の愛情があふれていた。

学生時代の写真も友達に囲まれて楽しそう。


ハルコさんと付き合っている時の
2人で一緒に撮った写真は

【あんまり一緒に撮ったモノ無いな】

が、結構あるのだ、これが。
2人でどこかへ出かけた時の写真が数枚。

無愛想な顔の弟と、笑顔のハルコさん。

スライドショー製作に苦心しただけあって、
とても良く仕上がっていた。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり FC2 Blog Ranking 舅・姑・小姑ブログランキング
2012-12-13 13:00 | カテゴリ:弟の結婚式・披露宴
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:ウェディング
新郎新婦への花束贈呈を行う習慣がある、この地方。

大体は小学生以下の子ども達が行うのが通例で、
私も子どもの頃何度かやったことがある。

弟がハルコさんと結婚すると決まった時から、
姪と甥(特に姪)は

『otoutoおじさん、姪子、花たばぞうていやりたい』

に対して
『考えておくよ』

あまりにも素っ気の無い返事。
もう少し子どもに夢を持たせろ、弟。

姪いわく
【otoutoおじさんのおよめさんのところにも
子どもがいるかもしれないでしょ?
だから花たばぞうていをやりたいって
先こされるかもしれないと思ってお願いしたんだ】

という理由で
自分達姉弟が早くお願いしていると電話でそう言っていた。

『・・・多分、大丈夫じゃない、かなぁ?
otoutoおじさんも姪子ちゃんや甥太の事考えてくれてるから』


それから弟にも電話で
『・・・って姪子ちゃん達が言っているんだけど、早く返事したら?
2人ともとってもワクワクして待っているよ』

に対しても

『考えておくよ』
・・・それしか言えないのだろうか、弟。

ハルコさんがこっちに来ている時にも
チラっと話を振ってみたら

『子どもが新郎新婦に花束贈呈をするって初めて知りました。
私のところには花束贈呈できるくらいの子どもはいないと思いますよ』

よしっ!姪と甥の花束贈呈は決まった。

心の中で私はガッツポーズ。

ガッツポーズをしたものの、
弟自身何を考えているのか分からなかった。

きっと姪甥にお願いしてくれるという確信は持っていたものの
それが本決まりにならないことには・・・


ようやく決定したのが
結婚式1ヶ月~1ヵ月半前(うろ覚え)。

披露宴のプログラムの花束贈呈の欄に
姪と甥の名前がちゃんと記載されていた。

(なんだ、結局、姪子ちゃんと甥太じゃないか)

そう思いつつも
子ども達の期待を裏切らなくて良かった。


弟は何と言うかものすごい照れ屋な部分がある。

以前、私・妹夫婦で
記念品(引っ越し祝い)のお金を私が代表して渡した時。

「ありが…とっ」
どつきたい程におちゃらけた言い方とか。

それ以前は姪や甥の名前を話に出す時は
アレ・とかコレとしか言わなかった。

自分の姪甥の名前を言うのが恥ずかしいのか?

ちなみに、私達のいる前で弟が
ハルコさんの名前を口に出すのを聞いた事もない。

そういうキャラなので、
花束贈呈の事もギリギリまでハッキリ言わなかったのかも
と思う事にした。

(一応は考えてくれてたと分かったが)

そして花束贈呈時の話をしていると

『アレなんかの時のBGMはチョコボのテーマだから』

『チョコボ?ああ、チョコボールね』

私の頭の中では
【クエッ、クエッ、クエッ、チョコボ~ル~】
とキョロちゃんが踊っていた。

『違う!』

思いっきり否定されてから思い出した。

『ああ、ファイナルファンタジーのチョコボだったっけ』

ちなみにゲームは知っているが、
チョコボのテーマは知らない。

知らないけど、姪と甥の為?にセレクトした曲らしいと
後でハルコさんが教えてくれた。

花束贈呈の話が決まった事を姪甥に教えると
受話器の向こうで2人とも大喜び。

もう、その事で頭がいっぱいになっていた。

とにかく、子ども達を
がっかりさせるという展開じゃなくて良かった。


姪子と甥太の花束贈呈(中編)に続きます。(午後1時更新)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり FC2 Blog Ranking 舅・姑・小姑ブログランキング
2012-12-14 13:00 | カテゴリ:弟の結婚式・披露宴
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:ウェディング
姪子と甥太の花束贈呈(前編)の続き。

結婚式の前に、姪に

『姪子ちゃんは誰に花束贈呈したいの?』
と尋ねると

『ハルコさんがいいなぁ』

甥に尋ねると
『え~、甥太もハルコさんがいい~』

弟の人気の無さに苦笑い。

詳しくは分からないが、
ハルコさんに花束を贈りたいようだ。

やはり花嫁さんの方が華やかだからだろうか。

この時のために、
手先の器用な姪は当日のヘアスタイルを研究しつくし
甥は妹の知人からブカブカの子供用スーツを借りていた。

2人とは同じテーブルだったので
係の人が呼びに来て

『そろそろ花束贈呈ですので
姪子ちゃんと甥太くんは司会者のお隣へご案内します』

それまではしゃいでた2人の表情が明らかに固まっていた。

いよいよ花束贈呈。

司会者のフリーアナウンサーの女性から

『それでは、新郎様新婦様への花束贈呈に
新郎様の姪御さん甥御さんから渡していただきます』

離れたところからでも分かる。
明らかに表情が固まって
無表情に近い緊張した顔になっている2人。

緊張する気持ちはよく分かる。

私も人前に出て何かをしろと言われたら
挙動不審になってしまう。

それでも自分達で花束贈呈をしたいと言ったのだから
ちゃんとやってもらわないといけない。

いよいよ花束を渡すという直前
ちょっとしたハプニングがあり、中断。

ざわめく式場に
司会者の人が機転をきかして場をつないでくれた。

さすが元アナウンサーだけはある。

2人はどうしていいかわからず
おとなしく司会者の隣りで立って待っていた。


姪子と甥太の花束贈呈(後編) に続く。(午後1時更新)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり FC2 Blog Ranking 舅・姑・小姑ブログランキング
2012-12-15 13:00 | カテゴリ:弟の結婚式・披露宴
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:ウェディング
姪子と甥太の花束贈呈(中編)の続き。

ハプニングがあったが、無事解決した。

落ち着いたところで改めて花束贈呈を行う。

『姪子ちゃんは新郎様へ
甥太くんは新婦様への花束贈呈です』

司会者に促されて
姪は弟へ、甥はハルコさんへ花束を渡す。

2人ともハルコさんがいいと言っていたが
いつの間にかそういう事になっていた。

これも司会者のおかげ?

2人とも緊張しながらも
ちゃんと弟達へ花束を渡していた。

花束贈呈

ハルコさんはキラキラした笑顔で受け取り
弟も仏頂面ではなくちょっと照れくさそうにしながらも笑顔だった。

そしてここで弟達からサプライズ。

以前ハルコさんから姪甥に
サプライズしたいことがあると聞いていた。

何と2人から姪甥にプレゼントがあったのだ。

まさか自分達にプレゼントがあるとは思わず
びっくりしている2人。

どうやら最近の披露宴では
こういうサプライズプレゼントがあるようだ。

プレゼントをもらった2人。

そのまま終わりかと思ったら

『それではお2人にインタビューをします。
お名前は?』

『◇◇姪子です』

『◇◇甥太です』

言われたことに
アクセントのない棒読みのように返事をする2人。

『将来、なりたいものはありますか?』
姪『○○○です』
『ステキですね。頑張って練習してくださいね』

『甥太くんは将来なりたいものは?』
甥『○○○○です』
『そう!いっぱい練習して叶えてくださいね』

2人の夢を聞き、和やかな雰囲気になる。

まだ小学生。
叶えたい夢を目指すには可能性が無限大。
私も2人がそういう職業になりたいというのを
伯母として応援したい。

席に帰ってきた2人は
『aneおばさん、これもらっちゃった~♪』

さっきまで固まった表情だったのが嘘のように
ニコニコだった。

サプライズプレゼントも
中は可愛くて実用的なものだった。

無事、花束贈呈の役目を果たした姪と甥にホッと一安心。

後日、ハルコさんに聞くと
他の子ども達にも同じようにプレゼントを贈ったと教えてもらった。

大人は引き出物があるけど
子ども達は何もないから
その代わりのプレゼントだと言っていた。

ハルコさんの細やかな気遣いで
子ども達も喜んだと思う。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり FC2 Blog Ranking 舅・姑・小姑ブログランキング
2012-12-16 13:00 | カテゴリ:弟の結婚式・披露宴
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:ウェディング
プログラムではいよいよ、ブーケプルズ。

このブログでも色々なコメントが寄せられていたので
関心が高かったのではないだろうか。


司会者の
『それではブーケプルズを始めますので、
参加者は舞台へどうぞ上がられてください』

あらかじめメンバーは前もって打診していた。


聞いたところによると、当日までサプライズ(つまり内緒)にして
名前で呼ばれるという話もあるという。

さすがにそれはなかったので安心だ。

自分の名前を呼ばれる。

例え知らない人が多くても、
あまり気持ちのいいものではない。

これは年齢によって感じるものも違ってくる。


20代前半ならノリもある。

だが、私のようなアラフォーと響きはいいが
要するに40代手前の者からは複雑だ。

弟の結婚式なので当然
顔見知りの親戚がたくさんいる前で呼ばれると
もう顔で笑って心で泣くしかできない。


・・・という展開ではないので、
私は安心して?ブーケプルズを見守ることができた。


『参加者の皆さんは舞台にお集まりください』
司会者のアナウンスに従って、ハルコさんの友達6人と、
私達姉弟の従兄の娘のミカちゃんが舞台へ向かっていく。


『それでは
新婦様のブーケから伸びている白いリボンを1本ずつ
お持ちください』

言われるがままに
リボンを手にするハルコさんのお友達とミカちゃん。

(そういえばミカちゃんってハルコさんと歳が近かったなぁ)

自分事ではなくなった途端、気楽な私だ。

ミカちゃんとしては今日初めて見るハルコさんと
そのお友達の中ではまさしく、アウェーである。

かなり緊張しているのが遠目から分かった。

『では、皆さんリボンを引いてください~』

せ~の!で7人の女性がリボンを引っ張る。

外れた人には先端が
リボンのような形のものがついているようだった。

そして。

見事に花嫁のブーケを引き当てたのは・・・

ブーケプルズ

ミカちゃん、だった。

おお、とざわめきが起こる。

それもそうだ。
ミカちゃんをよく知っている
親戚・家族がいっぱいいたのだから。

彼女は恥ずかしそうに舞台から降り、
席に戻ってきた。


『ミカちゃん。
私はきっとミカちゃんが当たると思っていたよ~』

と声をかける。

実は、弟からミカちゃんも
メンバーに入れたからと聞いた時から確信していた。


変な話、たまに私の勘が当たる時がある。
これが宝くじや
totoやBIGだったらどれだけよかったか・・・

無事、ブーケプルズも終わった。

よく考えれば東京から来てくれたハルコさんのお友達よりも
地元に家のある、ミカちゃんが当たるのがベストかもしれない。

それにハルコさんの6人の友達の誰かに当たるよりも
この結果が丸く収まる。

何故って?
それは女心としては複雑だから。

もしや
あらかじめそういう風にしていたのだろうか?

・・・と脳内で勝手に仮説立てたりしていた。


結婚式の終わった翌日。

弟に
『アレってさ、わざとミカちゃんに当たるようにしたの?』

『いや、そんな事はしてないよ。
オレもまさかミカが当たるとは思わなかったし』

本当に偶然だったらしい。


確率7分の1。 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり FC2 Blog Ranking 舅・姑・小姑ブログランキング
2012-12-17 13:00 | カテゴリ:弟の結婚式・披露宴
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:ウェディング
新郎新婦の披露宴ではお約束、ケーキカット。


ハルコさんは色々ブライダル関連のサイトを研究し尽くしたようで
とあるお菓子を使ったケーキをホテル側に要望していた。


ホテル側ではまだやったことがないタイプだったらしく
【やってみましょう】
と気合の入ったケーキが出来上がっていた。
パティシエさん、相当頑張ったんだろうなと想像できる。

ケーキカット後、【ファーストバイト】という
新郎新婦で行う作業がある。

初めてのアルバイト???
と頭の中で解釈してしまうが、
どうもそうではなかったようだ。

ネットでググってみると
ブライダル用語のひとつだという事が分かった。
(単に私が知らなかっただけ)

【ファーストバイト】(first bite)とは、
ケーキカットの後で、
カットしたウエディングケーキの一切れを
新郎新婦が互いに食べさせあう演出。

欧米で古くから行われている習慣が伝わったもの。

バイトとは英語で「かじる」という意味。

新郎から新婦への一口は
「一生食べるものに困らせないから」

新婦から新郎への一口は
「一生おいしいものを作ってあげる」
との意味が込められている。

「ケーキシェアリング」
「ファーストイーティング」
ともいう。

(引用:ウエディング用語辞典

ケーキについていたお菓子を
ハルコさんから弟へ食べさせる。

そして弟からハルコさんへ食べさせようとしたら
お菓子のサイズが大きくて
ハルコさんの口には丸ごとは入らず。

女性(母とか私や妹)が弟に
「あーんして」をしたのは1、2歳頃だっただろうか。

まさか30代前半で人前で
「あーんして」を見るとは思わなかった。

むしろ、面白いとさえ思っていた事は
このブログだけでの秘密である。


後日(ハルコさん)談:
そのケーキはそれは見事だったので
披露宴後、写真撮影をしていた。

今後、ホテルでも
ウエディングケーキのひとつとして採用するという。

『やっぱり東京の人は違いますね』
と関心していたそうだ。

そのケーキの第1号が
弟とハルコさんの結婚披露宴というのが
姉としては嬉しい限り。


お菓子の一部をもらってきてくれたので食べたら美味しくいただきました。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり FC2 Blog Ranking 舅・姑・小姑ブログランキング
2012-12-18 13:00 | カテゴリ:弟の結婚式・披露宴
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:ウェディング
仲人を立てないのはもう珍しくなくなった。


新郎新婦のそれぞれの友人代表のスピーチが無い
というのを両親から聞かされた。

それもイマドキなのだろうか。

そういえば、はるか昔。
大学時代の仲の良かったメンバーで
一番最初に挙式をした友人の場合。

地味婚(と本人が言っていた)だったからかもしれないが
そういうスピーチがなかったなと思い出す。

それを知った父は

『友人代表のスピーチが無いなんて!!』

ブーブー言っていたが
2人がそう決めたのだから受け止めるのみだ。


私は未経験だが
スピーチ原稿の作成は大変である。

重ね言葉を使ってはいけないし
切れる、別れる
と連想させる言葉を入れるのは当然ダメ。

もちろん、
過去の恋愛ネタ・遊び人でしたネタはご法度もの。


その代わりなのか
披露宴ではフリータイムが設けられていた。

ひな壇に座っている弟とハルコさんを囲んで
友達の記念写真(写メ含む)が始まった。

ハルコさんの友人達の撮影は華やかで良かった。

弟の友達は、
多少お酒も入っていてノリが良く
【ホラ、もっと呑めよ】
どんどん弟にビールをついで飲ませたり
30代から学生時代にかえったような雰囲気でにぎやかだった。

『こういうのもいいなぁ』
と彼・彼女らを眺めながら
何だか微笑ましくなった。

ひな壇に上がったのは友人達ばかりではない。

気づくと妹ファミリーが
ひな壇に上がって弟とハルコさんと一緒に記念写真を撮っていた。

弟の手がちょうどいいところに
甥の頭があったのでグリグリとなでていた。

確かに甥の今の身長だと
私でもグリグリ頭をなでたくなる。

それを楽しく眺めているうちにフリータイム終了。

気づけば私はひな壇で写真撮影してなかったことに気づいた。、
披露宴後に一緒に撮ろうと考えていた。


弟はかなりお酒を呑まされていたので
大丈夫だったのだろうか。

最後には新郎の挨拶があるというのに。


後日(ハルコさん)談:
『(披露宴後のホテルの部屋で)まだ呑み足りないと言って
また部屋で呑んでましたよ』

『は・・・?
あれでまだ呑み足りなかったの?!』

弟はお酒に強いとは分かってはいたが、
あれだけ呑んでもまだ呑み足りないなんて…


どんだけ酒豪なんだ、弟よ。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり FC2 Blog Ranking 舅・姑・小姑ブログランキング
2012-12-19 13:00 | カテゴリ:弟の結婚式・披露宴
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:ウェディング
披露宴もいよいよ、お開きに近づいてきた。

ハルコさんがご両親への手紙を読み上げる。

この手紙、ハルコさんのご両親には知らせておらず
ご両親にとってはサプライズ。

手紙には仕事や学校の帰りが遅くなると
心配して駅まで出向いたお父さんへの感謝の言葉。

お母さんにも
色々と相談に乗ってもらったことに対する
感謝の言葉が綴られていた。

花嫁から両親への手紙

それをじっと聞くハルコさんのご両親。


ところで披露宴でいつから、
新婦が両親への感謝の手紙を読むようになったのだろうか。

少なくとも私が小学生の頃に招待された
いとこの結婚式では無かったような記憶がある。

当時子どもだったので、
ちゃんと覚えていないので実際どうだったのか分からず。

手紙を読む人と読まない人
どちらもいるようだ。

手紙を読まない新婦がいても決して
【どうして両親への手紙をやらないの?】
と一方的に見ないで欲しい。

これは新婦の女性の考え方と
もしかしたら両親へは式の前に
【お父さん、お母さん、長い事お世話になりました】
と個人的に挨拶をしている場合もあるのだから。

私の大学時代の友人にも
手紙はなし派もいたし、それだからと言って
『そんなのありえない』
なんて思わなかった。

・・・と思うのは私だけなのだろうか。

とにかく、どちらもアリなのは確かだ。


想定外。新郎新婦の花束贈呈。に続く。

(午後1時更新)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり FC2 Blog Ranking 舅・姑・小姑ブログランキング
2012-12-20 13:00 | カテゴリ:弟の結婚式・披露宴
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:ウェディング
新婦ハルコさんから両親への手紙からの続き。


ハルコさんからご両親への手紙を読み終わった。

次は新郎新婦から両親への花束贈呈。

この習慣って全国共通かは分からないが、
少なくともこの地域では普通にある。

妹の時も(両親への花束贈呈)もちろんあって

母曰く
『あの時は私は泣かなかったけど、
お父さんは涙をポタポタさせていたのよ~』
と昨日のことのように私に言っている。

それ、何度か聞いたけど?とは言えない。

そして、弟とハルコさんが手に花束を持ち
弟はハルコさんのお母さん
ハルコさんは母へ一礼をして渡す。

どちらのお母さんも深く頭を下げる。

続いて弟はハルコさんのお父さんへ
ハルコさんは父へジャケットのポケットに
バラ一輪のコサージュを入れた。

どちらのお父さんも一礼をする。

司会者の女性が
『新郎様、新婦様のご両親へ感謝をこめての花束贈呈です。
そしてもう1人、大切な方への花束贈呈があります』

『え?誰?imouto知ってる?』
『知るわけないでしょ、私が』

そんな姉妹の小話は置いておき。

大きな花束を持った弟と一緒に歩くハルコさん。
招待客の席へ向かって歩いてきた。

何故かだんだんと
私や妹達が座っている席へ近づいてくる。

ジャストタイミングで司会者の
『その方は、新郎otouto様のおばあ様です』
同じテーブルの祖母への花束だったのだ。

私が知らないという事は、妹も当然知らない。

会場が暗くなり、スポットライトで祖母が照らされる。

年齢90代と高齢で
弟の結婚式に行けるかねぇ~
と心配していた祖母だった。

当日はホテルから車椅子の貸し出しもあったことで
安心して参列してくれた。

祖母への花束贈呈

弟が祖母に花束を渡す。

祖母は弟の大きな手をぎゅっと握り
何かを話しかける。

よく聞き取れないので弟は
祖母の口元近くに耳を近づけて話を聞く。


続いてハルコさんが祖母に挨拶。
ハルコさんが祖母と会うのはこの結婚式が初めてだ。

それでも祖母の話に弟と同じように
耳を近づけて聞き、微笑んでいた。

できれば結婚式の前に祖母と会ってもらいたかった。

しかし、祖母のデイケアの日と
弟達のスケジュールが合わずに実現できなかった。

このサプライズに
思わずこみ上げてくるものがあった。

妹も同じようにうるっと来たらしく
ちょっとだけ目元を指でおさえていた。

あまりにもこのシーンが良すぎたのだ。

周囲からも温かい拍手をもらい
祖母も嬉しそうに目を潤ませていた。

本当に。

祖母がこの結婚式・披露宴に来てくれて良かった。


今思い出してもうるっときてしまう。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり FC2 Blog Ranking 舅・姑・小姑ブログランキング
2012-12-21 13:00 | カテゴリ:弟の結婚式・披露宴
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:ウェディング
披露宴もいよいよ、お開きとなる。


この日の為に忙しい合間を縫って
月イチで3回打ち合わせに来た弟とハルコさん。

仕事をしながらの作業はとても大変だっただろう。


地元で挙式披露宴を行うということで
私と両親で準備の手伝いを始めた。

(地元の親戚関係は殆ど私達でやった)

しかし…

ゴール地点はちゃんとあったのに
その過程がここまで大変な事になるとは想像以上だった。


正直、あれこれ両親に怒られまくった
(弟達の結婚関連で)時、本気で

【もう、弟達の結婚式の準備の手伝いしたくない!
やる気なくした】


と、妹にメールで愚痴ったり
体調を崩したりと精神的に辛い時もあった。

その時の私は

・どうして私がここまでダメ出しをされないといけないの?
・多少パソコンが使えるだけで
「これをパパパッとやって」と簡単に言うな!


と愚痴だらけだった。
もう本音は早く結婚式終わってくれ~と。

…結局、ちゃんと手伝ったけど。

去年の夏から約一年。
え?もう一年になるの?と改めて驚いた。


結婚準備期間としては
長いのか遅いのか(少なくとも式場選びは遅かったけど)。

あっという間だったが
それも弟の謝辞でお開きとなる。

弟は、結婚式前夜までまだ謝辞の原稿が終わっていなかった。

採点しようか?と言ったら思いっきりスルーされた。

司会者の
『それでは、新郎otouto様より
皆様への謝辞を述べさせていただきます』

いよいよ、弟の謝辞が始まった。

新郎の謝辞(1)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり FC2 Blog Ranking 舅・姑・小姑ブログランキング
2012-12-22 13:00 | カテゴリ:弟の結婚式・披露宴
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:ウェディング
新郎の謝辞(前編)の続き。

弟とハルコさん、そしてそれぞれの両親が立ち
マイクスタンドの前で弟が一歩前へ出る。
手には無事間に合った謝辞の原稿が握られている。

新婦(花嫁)が主役のイメージの強い結婚式だが、
最後の〆は新郎の最大の役目だ。

以前父が、招待された結婚披露宴で
新郎が涙し、謝辞を上手く話せなかったのを
何度か見たことがあると言っていた。

新郎の謝辞(1)

号泣するとも思えずに弟の顔を見ていた。

『皆様、お忙しい中、
私達2人の為にご出席してくださいましてありがとうございました』

なかなか快調な出足。

恥ずかしながら、弟の謝辞を全文覚えていなくて
あいまいなまま、ブログに書くのが残念。

動画撮影しておけばよかったと後悔。

(結婚式・披露宴のDVDがそろそろ出来上がる頃なので
そこでこっそりチェックしてみる予定)

弟のスピーチは堂々としていて
私が手伝おうか?なんて言ったのが滑稽なくらい。

進学の関係で長く外暮らしをしていたからなのか
結構しっかりした口調(アクセントも標準語に割と近い)だ。

視線が時々上を向く。

謝辞の言葉を思い出しているような、
こみあげるものをこらえているようなシーンが
2、3度はあったのだろうか。

その謝辞を聞きながらも、
妹がそっと目元に指をあてていた。

自分が結婚式を挙げた頃を
思い出しているのかもしれない。

私もちょっと涙が出そうになったが、
ここもぐっとこらえる。

目の前にいるのは弟なのだが
小さい頃からのイメージが強かったせいか

【あの小さかった弟がこんなに立派になっちゃって】
親の心境になってしまう。

『まだまだ、未熟な私達ですが
これからもご指導後鞭撻のほどをよろしくお願い致します』

弟は手にした原稿を一度も見る事無く
しっかりとした口調で挨拶ができた。

某元首相ではないが
【よくやった、感動した】
心の中で弟をホメた。

普段あまりホメないけれど、
この時の弟があまりにも大人(いや、実際大人だが)でしっかりしていた。

これならハルコさんも
弟と一緒に結婚生活を送る事に心配はなさそうだ。


弟が結婚したい人がいると
最初に聞かされた時はびっくりした。

そしてハルコさんと出会い
弟には非常にもったいないくらい
謙虚で気遣いの出来る女性で安心した。


私のポジションは小姑
しかも歳の離れた独身義姉(実家住まい)と
世間一般ではいいイメージとは決して言えない私。

もしかしたらこの先、
どういう風にハルコさんと関わっていくのかは分からない。

それでも弟の選んだ彼女だから
出来る限り、仲良くしていきたい。

この謝辞を聞けて両親はもちろん
私も手伝いを頑張って良かったと。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり FC2 Blog Ranking 舅・姑・小姑ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。