デジタル一眼
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-05-23 13:00 | カテゴリ:弟の結婚
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:結婚準備
結婚式のお知らせ=招待状。

弟の友人関係、
ハルコさんの友人・親戚関係は既に発送済み。

地元の親戚や両親の友人関係は
手渡しできる可能な範囲は手渡しをする。
ちょっと行くには遠いかなというところには郵送。

他ではどういう風にするのかは分からないが、
私の知る範囲の地元では
上記のような事が普通となっている。

極端に言えば、式の2週間前に

『今度、自分の息子(娘)の結婚式があるから
披露宴出てもらえる?』


極悪スケジュールでの招待もあると聞く。
さすがにそれは嫌だ。
せめて一ヶ月+α前には連絡してもらわないと。


母と共に招待状を手渡しに出かける。
本家は徒歩5分圏内なので問題なし。


そして車に乗り、母の古くからの友人
Kおばさんの家と
妹の義理両親(ジロー君の両親)の家へ向かう。

『招待状だけ持っていくのは気が引けるから~』

と、途中Kおばさんにはケーキ、
ジロー君の両親にも差し入れを買っていった。

Kおばさんにはすぐに手渡し完了。

ケーキを持っていったのに、
逆にこっちも野菜をたくさんもらってしまった。

ジロー君の両親は
アポ無しで行ったのもあるが、
チャイムを鳴らしても誰も出てこない。

『母さん、お義父さんやお母さんいないみたいだよ』
『やっぱり電話してから行くべきだったかな』
招待状は玄関ドアポストへ入れ、
差し入れはドアノブに引っ掛けて

『よし、これで大丈夫!』

何が大丈夫なのだろう…


こういう風にいない人の家には
郵便受けに入れることも多々ある。

差し入れをドアノブに掛けたままなので
帰宅後、母に電話したら?
とだけ行って買い物に。


最初っから、郵送が確実なのではないだろうか。
私もそれが一番確実
(郵便事故の無い限りは)だと分かっている。

昔はそう思っていた。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。