デジタル一眼
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-05-24 13:00 | カテゴリ:弟の結婚
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:結婚準備
招待状を手渡しする理由(前編) の続き。


今だと、直接顔を見て手渡しできる人達には
【よろしくお願いします】
という意味で挨拶をする。

相手には時間を割いて来ていただくのだから、
私達家族もそれ相応の礼を尽くす。

できれば招待者の人達全員にそうしたいのだが、
さすがにそれは難しい。

我ながら古い考え方になってしまったなぁ
と感じつつも、こういうのも悪くない。

どうしても郵送でしかできないところへも後日

『招待状届きました。喜んで行かせていただきます』

という電話をいただけたりすると嬉しい。


東京在住の妹家族にも郵送。
夫婦で1通、姪と甥にそれぞれ1通ずつ招待状を入れた。

これは両親の意向で
【初めての結婚式に呼ばれるから、その思い出に】
と姪と甥に喜んでもらいたいということだった。

姪からも電話が来たらしく(私は入浴中だった)、
自分専用の招待状への嬉しさいっぱいだったそうだ。

『姪子、招待状大事にとっておくね♪』

喜んでもらえて良かった。

姪はまだ1歳過ぎた頃に
既に従妹の結婚式に呼ばれていたが、
これは本人の記憶にない頃。

今回の弟の結婚式が初!なので
ものすごく楽しみにしている。


あまり手伝ってくれない父も
近所にいる親戚には自分で歩いて
一軒一軒招待状を手渡してきた。

父関係の招待状は母に比べると、
そんなにのんびり手渡していていいのだろうかと気になる。

…何もしないよりは全然いい。


こうやって裏方に徹している
私と母(父も…一応は(汗))も少しは報われる。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。