デジタル一眼
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-05-31 13:00 | カテゴリ:結婚式・披露宴お役立ち
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:結婚準備
披露宴当日の新郎新婦は食事を取る暇がない。
どうする?!(前編)の続き。


その母の実行した方法は、すごくシンプルだ。

・(夜からの披露宴のため)お昼御飯はちゃんと食べさせる。
・その間にお赤飯で一口サイズのオニギリ(形は俵型)を作ってひとつひとつラップで包む。
・さらに一口サイズのリンゴを切って塩水につけてからタッパーに入れる(爪楊枝ももちろん完備)

これなら花嫁の唇に縫ったリップが落ちにくくなる。

結婚式後、ジロー君が
【あの時、お義母さんのアレがなかったら
オレ、倒れていたかもしれない】

と実感たっぷりに感謝していた。


うちの母はどこからか情報を仕入れたのか、
子供が挙式した親から話を聞いたのかは不明。

さすが主婦暦が長いだけあって、
こういう場合の機転はすごくきく。


そのノウハウを、
1人暮らしをしていた頃に勤務していた職場で
挙式披露宴をする先輩に

【・・・という訳で、おすすめしますよ~、○○さん】
暑苦しく語り、

その後先輩も
【話聞いてて良かった】
と言われた。

自分は独身なのに、結婚する人にオススメとは
何だか矛盾しているような…
というのは気にしない。


これらのことを踏まえているので、
もちろん弟とハルコさんにも用意すると母は張り切っている。


もしも。

このブログを見ていて、挙式披露宴
(特にお色直しの回数が多い方)では
食べる暇がない可能性が高い。

試してみるのもプラスだと確信している。


例外は?

唯一、大学時代の友人(二次会に参加する? 参照)
の時くらいだったと記憶している。

皆で話しながら新郎新婦も一緒に食事をする。

こういうのいいなぁと
あの頃の私はそれがとても微笑ましく見えた。

せっかく、美味しい料理が目の前にあるのに食べられないなんて。

【あの、伊勢海老のグラタンが食べたかった~~】
と妹のダンナのジロー君のように後悔する場合も。

今回は招待される側なのでがっつり食べてもらいたい。


ハルコさんはともかく、
弟だったら気づいたら食べていそうだ。


追記・今回はバナナにするらしいです。
腹持ちがいいからという理由で。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。