デジタル一眼
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-12-03 22:07 | カテゴリ:弟の結婚式・披露宴
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:ウェディング
乾杯には私はギリギリで間に合い、
妹夫婦は残念ながら間に合わず。

しかし、途中入場の為、
弟とハルコさんが壷にお酒を一緒に注いでいる場面はどーなってるの?
と分からずじまいだ。

弟達のこだわりの料理がオードブルから運ばれてくる。

受付でずっと緊張していた為、
空腹状態の私はすべて美味しくいただいた。

デザートが運ばれてきた時点で気づいた。

【料理の写真撮ってない・・・】


さすがに披露宴の料理を全部撮影するのも
品がないような気がした。

デザートのみの画像掲載。

披露宴のデザート

画像の左から
・お芋のモンブラン
・ピーチのショートケーキ
・マンゴームース

実際は小さめサイズで別腹で美味しく食べた。

料理のメニューは手元にあるので、
文字を見て想像をしてもらいたい。

オードブル
フォアグラノテリーヌとドライイチジク
サーモンのマリネのキャビア添え
鴨のロティのバルサミコソース

スープ
塩豚の地元風ミネストローネ

お魚
鯛と有頭海老の酒蒸し 紅白ソース

お口直し
柑橘系の氷菓子(シャーベット)

お肉
国産牛フィレ肉のローストのマデラ酒風味 季節の野菜添え

デザート
上記の通り

コーヒー

パン
(これはお肉料理の前に運ばれてきた・・・はず)

名前は難しいかもしれないが、
どの料理も本当に美味しかった。

以前、弟やハルコさんにそれぞれの両親の6人で
試食会があったのをあえて行かなくて良かったかもしれない。

楽しみと言うのは
後に取って置くほど、嬉しさ倍増なのだと。

これは自分に言い聞かせているわけではなくて、
本当にそう思ったから。

どの料理も二人がこだわっただけあって、
味も濃くなく薄くもなく、
そしてお年寄りにも食べやすい
やわらかいメニューが殆どだった。

90代の祖母も結構食べてくれていたので分かる。


ちなみに子ども達(小学生以下)には
お子様ランチメニューのワンプレート料理だった。

さすがに大人と同じメニューは
子どもには食べるのも大変である。



後日談

招待された人には口々に
【あの料理、美味しかったわよ~】
結構評判が良かった。

披露宴での思い出というのは正直、
新郎新婦の衣装の色は忘れたとしても、料理の良し悪しで

【ステキな結婚披露宴だった】
と思う事が少なくない。

故に多少料理にお金をかけてでも、
おもてなしをするというところが大切だ。


そういえば武田さん(ウエディングプランナー)も言っていた。

『料理にお金をかける分、
引き出物は価格を抑え目にされる方達って多いですよ』

言われてみれば納得できる。


そして唯一、ホテル側の対応(むこうとしてはサービスのつもりだった)で
弟とうちの親が

【やらなくていいって言ったのに!】

とブーイングな点があったのが残念。


本当は入場前から見たかった・・・です。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり FC2 Blog Ranking 舅・姑・小姑ブログランキング


新郎新婦のそれぞれの待合室でオードブルの軽食があったこと。
甥太がちょくちょく食べていたらしく、披露宴の料理が完食できなかった。
おそらく他の参列者も食べていたのかもしれないと。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。