デジタル一眼
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-12-22 13:00 | カテゴリ:弟の結婚式・披露宴
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:ウェディング
新郎の謝辞(前編)の続き。

弟とハルコさん、そしてそれぞれの両親が立ち
マイクスタンドの前で弟が一歩前へ出る。
手には無事間に合った謝辞の原稿が握られている。

新婦(花嫁)が主役のイメージの強い結婚式だが、
最後の〆は新郎の最大の役目だ。

以前父が、招待された結婚披露宴で
新郎が涙し、謝辞を上手く話せなかったのを
何度か見たことがあると言っていた。

新郎の謝辞(1)

号泣するとも思えずに弟の顔を見ていた。

『皆様、お忙しい中、
私達2人の為にご出席してくださいましてありがとうございました』

なかなか快調な出足。

恥ずかしながら、弟の謝辞を全文覚えていなくて
あいまいなまま、ブログに書くのが残念。

動画撮影しておけばよかったと後悔。

(結婚式・披露宴のDVDがそろそろ出来上がる頃なので
そこでこっそりチェックしてみる予定)

弟のスピーチは堂々としていて
私が手伝おうか?なんて言ったのが滑稽なくらい。

進学の関係で長く外暮らしをしていたからなのか
結構しっかりした口調(アクセントも標準語に割と近い)だ。

視線が時々上を向く。

謝辞の言葉を思い出しているような、
こみあげるものをこらえているようなシーンが
2、3度はあったのだろうか。

その謝辞を聞きながらも、
妹がそっと目元に指をあてていた。

自分が結婚式を挙げた頃を
思い出しているのかもしれない。

私もちょっと涙が出そうになったが、
ここもぐっとこらえる。

目の前にいるのは弟なのだが
小さい頃からのイメージが強かったせいか

【あの小さかった弟がこんなに立派になっちゃって】
親の心境になってしまう。

『まだまだ、未熟な私達ですが
これからもご指導後鞭撻のほどをよろしくお願い致します』

弟は手にした原稿を一度も見る事無く
しっかりとした口調で挨拶ができた。

某元首相ではないが
【よくやった、感動した】
心の中で弟をホメた。

普段あまりホメないけれど、
この時の弟があまりにも大人(いや、実際大人だが)でしっかりしていた。

これならハルコさんも
弟と一緒に結婚生活を送る事に心配はなさそうだ。


弟が結婚したい人がいると
最初に聞かされた時はびっくりした。

そしてハルコさんと出会い
弟には非常にもったいないくらい
謙虚で気遣いの出来る女性で安心した。


私のポジションは小姑
しかも歳の離れた独身義姉(実家住まい)と
世間一般ではいいイメージとは決して言えない私。

もしかしたらこの先、
どういう風にハルコさんと関わっていくのかは分からない。

それでも弟の選んだ彼女だから
出来る限り、仲良くしていきたい。

この謝辞を聞けて両親はもちろん
私も手伝いを頑張って良かったと。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり FC2 Blog Ranking 舅・姑・小姑ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。