デジタル一眼
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-05-03 00:00 | カテゴリ:弟の結婚
ジャンル:日記 テーマ:ひとりごとのようなもの
結婚 親の大切な役割とあいさつ


弟達の結婚式が終わってはや、2ヶ月になる。
今どきの結婚事情も多少は分かった気がする。


それを踏まえて。
準備段階で不安に思ったのが、
費用もそうであるがこれは身の丈にあったものにすれば何とかなる。(ハズ)

一番の問題は、お互いの両親に
今どきの結婚事情をどこまで理解してもらうか。

とか。

自分達がどれだけ両親の希望しているものに沿うことが出来るかにつきる。

お互いの希望をどれだけ妥協するか
受け入れることが出来るかでかなりモメる。

うちの場合は、ハルコさん(弟のお嫁さん)側のご両親は
すべておまかせ、と言ってくれていたので問題はなかった。

これが双方の両親で考えが合わなかった場合
間に立たされたらすごいストレスを受けるというのが悩むところだ。

さすがにテーブルクロスを黒色にしたいと言われた時には
両親猛反対!(結局、別の色になった)


しかも東京ではなく、
弟の生まれたこっちでの挙式披露宴ゆえに電話口でケンカ口調。

私はこういうのを傍で見ていて、親のグチなんかも聞かされていた。


料理の場合、花嫁のドレスの色は忘れても
【○○さんの披露宴の料理は美味しかった】
後々、話題にも出てくる可能性が高いので、これは手を抜かない。
弟とハルコさはもちろん、両家の両親揃っての試食会も行った。


他に不安な点は余興…

私の住んでいるところは
披露宴での余興に気合を入れる人たちが絶対数的に多い。

いとこ達に頼んだり
自分の友達に頼んだりとしてもらったり
地元での伝統的な踊りをお願いしたり。


どういうモノをやるか、わからないので
シモネタだけはやらないで、と釘を刺す必要がある。
(特に20代前半で若くして結婚する新郎の友達)

私としてはこういうのは無しでいいかなと思っている。

余興をしてもらうにはいとこ達も年が離れすぎているし
友達もほぼ既婚者ばかりなので今更お願いというのも微妙。


当日はそういった心配もなく、むしろ楽しめたし
料理も美味しかった。


そして、後日談は続きます。
ヘビーな内容になるので、ご注意をお願いします。

(次の更新は5月5日の日曜日です)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚までの道のりへ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり FC2 Blog Ranking 舅・姑・小姑ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。