デジタル一眼
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-05-22 00:00 | カテゴリ:弟の結婚
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:親戚付き合い

弟とハルコさんが東京に戻ってから数日。

ようやくというか、我が家も落ち着いてきた。

父は久しぶりの遠出(空港まで行く)だったからお疲れモード。

私も母も何とか乗り越えた?と思う。




そんな中、一通の手紙が届く。


「ちょ…、父さん!母さん!ハルコさんから手紙が届いてるよ―」

開封すると、弟とハルコさんが観光してた時の写真とハルコさんからの手紙が。

そしてさらに彼女のお母さんの手紙も同封されていた。


サラサラと書いた女性らしい柔らかい文字が母娘そっくりだった。

内容はハルコさんが2泊3日お世話になったお礼。


「母さん、返事出した方がいいんじゃない??」

父はもちろん、母も手紙不精タイプなので年賀状でのメッセージを考えるのが苦手だ。

しばらく、うーんと考えていた母は

「じゃ、otoutoにハルコさん達に手紙が届いてありがとうございますって言付けて」


そっちか!


今でも妹夫婦の仲人をしてくれた方に年賀状を書くのもそろそろフェードアウトしたいらしく

なかなか踏ん切りがつかないとままで約10年近く経過。




メールで簡単にやり取りできる世の中、手紙をもらう機会って少ない。

それだけハルコさん家族はきちんとされていて、おそらく普段からお礼状等を書き慣れているようだ。




文中はうちの家族の事を『お父様、お母様、ane様』と書かれいた。

両親はわかるけど、私にまで『様』と付いていてちょっとテレてしまった。

ハルコさんは『お姉さん』と書いてあった。




結局、手紙での返事はうやむやになってしまった。

が、面倒だから書かなかったって誤解を受けるかもしれないので、フォローをすると

母がすごく真面目に物事を受け取る部分があり、何でも考えすぎる。


それで手紙の返事をちゃんと書かなくちゃと悩んでしまって結果、書けなくなってしまったのだ。

手紙も写真も大事に取ってある。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。