デジタル一眼
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-06-02 00:00 | カテゴリ:弟の結婚
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:結婚準備

数日前、弟から電話があったそうだ。

話をしたのは母。


『otoutoは、(婚約)指輪を買ったんだって』

『へぇ~、そうなんだ』

『金額言わなかったけど幾らだったのかな』

婚約指輪の相場はよく分からないが、そこそこは値段の張るものだと思う。

指輪の値段を聞いて母はどうするつもりなのか。

いくら親でも、そういう話題はしないような気がするが…


『母さん、別に金額まで聞く必要ってないと思うんだけど。

本人達が気に入ればたとえ、値段が1万円だろうと100万円だろうと関係ないよ』

そう言うと


『だって気になるじゃない』


私は一瞬、空耳かと思ったが違っていた。

『ハルコさんなら、自分の親に指輪の値段とか話すはずよ』

『いや、いくらハルコさんでもそれは無いよ』

そう言っても母は納得してくれない。


気になるってのは分かるんだけど、うちの母はもしかしてこの辺は天然ですか?と思う時がある。

悪気があってのことではないと理解はしていても、他の人が聞いたら「はぁ??」と呆れそうだ。

実際、私が呆れている。


『でもね、ハルコさんのお父さんにご馳走になったって言っていたから、一緒に指輪を買いに行ったんだと思う。

そうでないと相手のご両親と一緒に出かけるって事ないでしょ?』

『たとえそうでも、いちいち値段報告なんてしないよ』

そうなのかな、と最後まで母は気にしていた。



婚約指輪の事といえば、以前にも書いたけど、友人C子の事を思い出してしまう。



うちはあまりビッグイベントがない家なので、夏の妹家族の帰省と年末の弟の帰省以外は特にこれ、という事がない。

力が入るのは分かるが、思わず落ち着いて!と両親に言いたくなる事もある。

逆に『あんた達(私を含む姉弟3人に対して)は全然わかってない!!!』と怒られる。



親世代と子供世代の結婚に対する考え方の違いがはっきりと分かれている。

結納にまで行き着くのも大変だ。





人気ブログランキングへ にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。