デジタル一眼
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-05-04 00:00 | カテゴリ:弟の結婚
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:結婚準備

妹を嫁に出した事はあっても、嫁を迎えるという事は初体験の我が家。

妹の結婚式はもう10年前の事なのでその当時に買ったと思われる本が1冊しか出てこなかった。

10年も経てば色々と価値観やコレでいいと思っていても今はダメとか変わってくる。


母と2人で地元スーパー内にある書店で本探し。

書店には行くけど大体、雑誌のコーナーとか文庫本コーナーしか見ないので

壁棚の所はあまり見たことがない。

壁棚の所って資格とか家事、ガーデニングなどのちょっと専門性の高い本が多く陳列されている。


結婚に関する本はすぐに見つかった。

色々あるんで2人でどれがいいか悩む。


結婚する新郎新婦向けや、結婚式でのスピーチモノと何冊かパラパラ見る。

地方によって習慣が違うので必ずしもこのテの書籍が100%正解ではないことも知っているが、

それでもこういうマニュアル本が発売されているのはもちろんニーズがあるから。


その中から

「母さん、これがいいんじゃない?」と1冊の本を母に見せた。

中をパラパラ見た母も

「これにしようか」と決定。 ⇒ 結婚 親の大切な役割とあいさつ

内容はまさにいたれりつくせり。

結婚の前の前、つまり『結婚を前提に考えて付き合っている相手を親に紹介』するところからスタート。

ちゃんと息子の場合と娘の場合での親の対応の参考例があります。

私もそのテの本はちゃんと見た事がなかったので、今はその段階から始める本もあるんだと関心。


結納までに進めておく部分もあって、一応参考になりそう。


家に帰ってから私はこっそりと本を読むと、多少は『それも有りなの?!』とツッコミたい部分もあった。


息子や娘に子供ができたので結婚をしたいや、歳の差婚(年齢差が開きすぎている場合)や

2人が若すぎる年齢の場合で親の対応の仕方などは現代ならでは。


もちろん、この本の中には載っていない斜め上を行くパターンもあるかもしれないけど

バリエーションは昔の結婚関連書籍よりは多いかもしれない。



思わず、微笑ましく思ったのが自分の息子の彼女に対する父親の対応法で

『若い娘さんに対して、テレが出て緊張するかもしれませんが…』と書かれていたこと。

あ、これうちの父だわ。



読みきってないけどQ&A(本の後ろのページ)には婚約をやめたいや、結婚式を相手にすっぽかされたとか、

駆け落ちされたなどについての回答もあった。


こっそりこの本を見ると色々なページにしおり代わりにメモ用紙やチラシが小さく挿んでいあってあった。

母が読んでいるのは見たことあるのに、父はどうも読んでいないようで気になる。


でも弟が結婚したいって話を聞いた時にはものすごく喜んでいた。

喜んでいたけど、これから色々な事を決めたりしないといけないんだから他人事じゃないから。

私もだけど。





結婚 親の大切な役割とあいさつ(という本です)




人気ブログランキングへ にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。