デジタル一眼
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-10-27 00:00 | カテゴリ:弟の結婚
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:結婚準備
父に『明日は母さんとホテルの下見に行って来なさい』と言われた私は、母と一緒にAホテルへ。


実は妹も数年前にここで挙式披露宴をやったところだ。

ホテルのロビーで案内の人が来るまでソファで待機していると、
小柄だけどスリムで颯爽と黒いヒールのパンプスで案内の女性が来て付いていく。

階段上るのも慣れているからか、背筋がしゃんとしていて
転んだりしそうにもないなとどうでもいい事を思いながら私は
太ヒールのウェッジソールの靴で手摺を掴みながら付いていった。


10畳前後の小さなサロンへ通され、担当の人が来るまでしばし待つ。

サロンには一組のカップルが、
もうひとつのテーブルには女性一人が
パンフレットとにらめっこしながら担当の女性と話をしている。



その空間はもちろん挙式をするのだから当然かもしれないが、幸せのオーラが漂っている。
どんな感じで?と言われても私もはっきり言い切れないがとにかくそういうオーラだったのだ。


『お待たせしました』
現れたのはフィギュアスケートの武田奈也に似たフンワリヘアの若い女性だった。
え?武田奈也が何でココに?!(それはない)ということで彼女の仮名は武田さんに決めた。


武田さんは色々なファイルを広げたり、
挙式披露宴でのプロカメラマンに撮影してもらい、
それを1冊の写真集にしたものを見本として見せてくれた。

母も『人に頼むと難しいし、
写真の整理整頓も面倒になってしまうからこういうのはいいね』と関心。

確かに写真の中で微笑んでいる新郎新婦や
招待客のいい表情がサイズのバランスなどを上手く配置してまとめられていた。

今はパソコンでフォトショップなどのソフトを使えば色々なことができるので、
写真の事はプロにお任せがよさそうだ。



私は初めて知ったのが、披露宴に出す料理がチョイスできるという事。

妹の披露宴でも美味しい料理がでて大満足だったから
コース料理かと思っていたのが、メニューの写真と値段を見比べながらこれとあれと…とできるそうだ。

母曰く、弟達も料理を選びたいと言っていたので
要望のひとつは叶ったというところだ。



他には新郎新婦の席の後ろの衝立をどうするかとか、
招待客のテーブルに置く花やテーブルクロスの色、
持ち込みする場合の料金(1つにつき、315円だった)
と細かいところまで説明してくれた。



挙式後、帰る際に2人からキャンディーなどの小さなお菓子を配ったりすることが
何度か友人の結婚式で体験しており、そのお菓子もちゃんと選べたりできるのは知らなかった。

中には本当に2人で小さな袋にキャンディーを詰めて配ったりすることもあるので
必ずホテルのものからという訳でもないのかもしれない。



日程も見てもらって、この日だ!という日時を仮予約する事に成功。

やはり場所は押さえておかないと後が大変。



『それでは披露宴会場とチャペルへご案内しますね』
武田さんに促され、母と私は武田さんの後について下見に行った。


『こちらが、披露宴会場として使う部屋です。』


広い部屋に案内された。

キラキラしたシャンデリア、座席はテーブルが少し置かれているだけで本当に広かった。
これで○○名は余裕で入るらしい。


『次はチャペルへご案内いたします。こちらからです』
と武田さんについてチャペルへ向かった。


武田さんもやっぱり、案内してくれた女性同様、
背筋をしゃんと伸ばしヒールのパンプスでも手摺を掴むことなく、階段を下りていった。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。