デジタル一眼
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-11-09 00:00 | カテゴリ:弟の結婚
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:ひとりごと
今回の内容は人によっては不快感になるかもしれないのでご注意を。






『otoutoとハルコさん引越しするんだよね』

『そうだね』

『私、引越し何度かしたけど、1人暮らしでも荷物増えてくるから2人分だと大変だよね~』

たまたま、母とそういう会話をしていた。


引越しって思った以上に体力知力を使うものだった。


まず、捨てるもの・捨てないものと分けて
捨てるものの中からリサイクルショップを利用して
買取りできるものはそのまま売って。

全部捨てるよりもちょっとでも引越し費用の足しにする。

いるものでも季節別に着る服を分類し、
本やCD類は大きさの割に重量があるので
ダンボール箱はなるべく小さめに。


それと並行して退去するアパートの掃除。

ちゃんと業者が入ってハウスクリーニングするのだが、
小汚くしたまま出て行くのは気が引けるのでできる範囲で掃除。


私の時は家具類も売ったのでクロ○コの単身引越サービス2M3BOXで済んだ。


あの頃、本当に無事引越しができるの?
毎日目の前のダンボール箱に詰めていない荷物を見ながら一人で頑張っていた。


という事を頭の中で回顧していたら


『ところでaneに言っておきたいことがあるのだけど』

急に母の声のトーンが変わる。

『な、何?』

『imoutoの引越し(アパート住まい→一軒家)で
あんたもotoutoも自分のお金で家具を買ってあげたでしょ?』

買ってあげたというか、あの時は
【これで家具でも買ってね】
っていくらかはお金を出した…記憶があったようななかったような。


『そういえば、そんな事もあったね…(覚えていないけど)』

『だから、otoutoとハルコさんの引越しの時も
【これで何か買って】と引越祝いのお金を出さないとね』


エエエエーーー!?

そ、そんなに高額出せる財力が今の私には無かった。

固まった私の顔を見ながら母が

『・・・そんな時の為の投資信託の分配金があるでしょ!
毎月貯金してるからそこから出せるでしょ。』

『そうだった。そのお金の事忘れてたわ・・・』


『いい、ane、よく聞きなさい。
言い方は悪いけどotoutoに恩は売っておきなさい』

『う、売るって・・・母さん??』

『あんたがこのままずっと独り身で、
母さんや父さんと暮らすことになるという事は、
死んだ後お墓も一緒に入る可能性だってあるんだよ?

ウチの仏壇(これについては→ ★★★ )も
お墓をみるのもotoutoやハルコさんだからね。

万が一の為にも恩は売っておきなさい』


確かに。


母も私の状況(色々ありすぎて割愛)を考えての事だ。

恩着せがましいと読む人にとっては誤解を受けかねないが
決してそういう訳ではない。


何もしないままなのと、少しでも何かをした時とでは
この人の為にこうしようという気持ちが違ってくる。


今まで何もしてやってもいないのに

『死んだら供養お願いね~』と言われても
『はぁ?』と呆れられてしまう可能性だってある。


あるいは、
『あの時、引越祝いや結婚祝いで○○円あげたでしょ?!』
という態度がもっとタチが悪い。

謙虚さの欠片も無い。

まさに恩着せがましいとはこういう事に違いない。


人間、いつ何時どうなるか誰にも分からないのだ。


もちろんそれだけの為にお祝いを包むだけではなく、
おめでとう!とバーン(?)と気前よくしたいのだ。

ハルコさんとも仲良くしたいし。



結婚前の人達にこんな○○年後の死後の事まで押し付けるような事を
今のうちから考えてもいいのかどうか。

当然言ってはいけない事だとは分かりきっている。



こういう内容は、普通はドン引きされそうだが、
あまりにもインパクトが大きくてブログ更新で残すことにした。

(同じような状況の人がいるのかどうかは分からないが)


『恩は売っておきなさい』アンサー編 に続く。
(でいいのだろうか・・・)




本当に誤解しないでください。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。