デジタル一眼
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-11-26 00:00 | カテゴリ:弟の結婚
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:結婚準備
弟とハルコさんの挙式・披露宴への招待客のリストアップで試行錯誤中の両親。


今からX年前、妹の結婚の時には
妹夫婦共に同じ県出身だったので、結構な人数を招待していた。


田舎なのでこういう時は盛大にという古い習慣が残っている。

この時の招待客は1家族全員招待。つまり大人も子供もだ。

後に
『あんなに子供まで呼ばなくても…』
と家族が多い所からそういう話があったらしい。

タダでは出席できないからお祝儀だけでも大変だったようだ。

なので、今回は私達の従兄弟にあたる人は基本的に夫婦だけ。

子供のいる従兄弟夫婦もいるが、
殆どが中学生以上だから十分留守番できる。


弟からも
『あまりたくさん呼ばないでくれ』
と言われているのもあり

大まかにはリストアップはされている。


同じ日本でも、会費制だったり、50名以下だったり
200名以上だったりと招待人数の開きがすごい。


いつも疑問なのが、地元の披露宴って、親の友達も招待する事。

これは付き合いもあるので
誰を呼ぶか呼ばないかでもかなり悩むところらしい。

なら、誰も呼ばなきゃいいのに!・・・
とは済まないが。


他にもどんな繋がりで呼んだの??
というような人もいて謎だらけ。
結果的に招待客も自然と多くなる。

だから父も母も
友達の息子(娘)の結婚式に招待される事も多い。


当然、今回の招待客リストにも
両親それぞれの友達の名前も挙がっていた。


武田さん(弟とハルコさんの担当)からも
『そろそろ招待客リストを大まかでいいので教えてください』
とメール便で届いていた。

母はその手紙を見て、本家の伯母に

『招待客のことなんですけど、
兄弟(伯父伯母夫婦)だけ呼んで、
子供は呼ばないでおこうかと…』

と電話で相談していた。


2人の結婚だけど、こういう事があると
家同士という昔からの慣習が抜けられない部分もあるのだなと
独身の私から見ても大変だという事はよく分かった。


当然、招待客リスト(地元側)の把握をしたい弟から2,3日前に

『(私の)パソコンのメルアド教えて』
と携帯メールが来て

『メルアドは~@~。
ちなみにウチにはスキャナーはないよ』と返信。


最初はFAX番号教えてと連絡があったが、

『ウチにはFAXないよ』
という事があったのでエクセル添付してメールを送るからと返信。


その添付付きメールは昨日のうちに送ると言いつつ、結局はメール無し。

仕事も年度末で忙しかっただろうからこればっかりは仕方がない。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。