デジタル一眼
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-11-27 00:00 | カテゴリ:弟の結婚
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:ひとりごと
何が無理なのか…

それは約1週間前にさかのぼる。



結婚式の前にハルコさんとご両親の3人で
一緒にこっちへ来るという話が決まったのだ。


弟とハルコさんが東京へ戻って数日後、
ハルコさんのお母さんから丁寧なお礼のハガキを頂いた。

私の名前も入っていたので
私もハガキを読むとそのような事が書かれていた。


きっかけは多分このハガキ。


弟達も料理にはこだわりたいからと、
実際に出したい料理を試食する運びに。

じゃあ、両家で一緒に食事会を兼ねようと言うことになったのだ。


『aneも一緒にだから、7人分だな、ってお父さん言っているけど』

『はあ?!お母さんそれは無しでしょー!
そういうのって普通は結婚する2人とそれぞれの親だけだと思うよ』

母の言葉に思わず声が大きくなってしまった。

側にいた父の言葉はというと…

『お前だけ家に置いて、ハルコ(本人のいない所では呼び捨て)が
なんで来ないのか?って変に思うじゃないか』

違う、そうじゃない。

父は分かっていないのだ。

『逆にその場に私がいるのが空気読めてない扱いになるよ。
ハルコさんや向こうのご両親だって変に気にされたら困るよ。
それはいくらなんでも考えられないから』

独身の私でも
そういう場に自分がいて相応しいかどうか位は分かるつもりだ。

何とか父も納得してくれたようだったので助かった。


【せっかくおいしい料理が食べることができるのに
もったいない奴だ】


私があたかも損をしたという意味で
父が言っていたという事を数日後に教えてもらった。


損得の問題ではない。

人としてどうだろうか、だ。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。