デジタル一眼
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-05-09 00:00 | カテゴリ:弟の結婚
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:結婚準備
何でギリギリになってから色々やろうとするのの続きから。

ギリギリなのは床の張替えだけで終わらなかった。


弟とハルコさんがこっちに来るための航空券とホテルを探さなくてはいけなかった。

主に弟と電話連絡取るのは母。

何月に来るというところまでは一応決まっていたが


「otouto達が来る日は決まっているの?」と尋ねると

「それがね、まだちゃんと決まってなくて」


「エッ?!」


飛行機をよく利用する人なら大体分かるかもしれないけど、正規の運賃は高い。


だから団体割引だの、早割り○○だのとにかく安くすませたいので、早めに押さえる事が必須。

2ヶ月前から予約すると安くなるプランもある。




既に2ヶ月前予約は過ぎていた。




「日にち早く決めろってotoutoに言ったの?」

「こっちも早めにって言っているんだけど、ハルコさんが海外旅行から帰ってきたばかりなんだから慌てさせるな、って」


いや、慌てるでしょ普通。

確かにハルコさんは彼女の母親と海外旅行に行くのは聞いてたし、

丁寧に本場の某ブランドチョコ詰め合わせと色々頂いていた。


ホテルも弟からは『景色のいい所』というのもあった。

もちろん、弟だってネットできる(むしろ私の何十倍も)からホテルは一応調べていたらしいけどそれでも見つからないという事で地元の私達も探していた。


ネットできるのは私だけなので時間が許す限り、検索。

弟の言うように、コレだ!というホテルは予約でいっぱい。


ホテル+航空券のパックモノという事も考えたが、車の運転ができるのが母しかいないので、家から遠すぎるホテルまでの往復は厳しかった。

なら、タクシー乗ればいいのに、と私は母に言ったけれどそれは却下された。


…今でも意味わからない。




それから数日後。


やっと日にちが決まり、いつも行く旅行社へ。

オフシーズンなのにこの時は土日や連休も重なっていてほぼ、正規料金。

これは仕方ない。

お金出すの弟だからいいけど。


ホテルについては景色のいい所は私が検索しても全然空きがなく、結局、車で20分圏内にあったホテルを予約する事に。

そこはランチビュッフェもなかなか美味しいし、パンフレット見た限りでは部屋もなかなかいい。

景色に関しては妥協してもらうことに決めた。→妥協その1


旅行社から電話で直接ホテルに予約を取ってもらう事になり、母が言ったのが


「シングル2部屋でお願いします」

エ?エエッ?!


ビックリしたのは私だけではなかった。

応対している旅行社の女性も一瞬固まっていたのを見逃さなかった。


「お母さん、普通はツイン1部屋だよ。ビジネスホテルじゃないんだから」

「え、だってお父さんがシングルがって…」


父に言われたことを真に受けたようだった。

母自身もそれが当たり前みたいな言い方で。


「でもね、otoutoとハルコさんは付き合って何年にもなるんだよ?

2人でどこかに旅行に行ったりしていたと思うよ。もう大人なんだから」

「そ、そう?」


これって価値観の違いになるのだろうか。

全然親しくない男女でシングル2部屋は分かる気もする。


観光向けのホテルやリゾートではシングルルームの数もビジネスホテルみたいに多くもないはず。

父が言ったとすれば、結婚前の男女がひとつの部屋で泊まるという事は考えられん、という意味なのかもしれない。

ツインルーム1部屋でお願いし、父には『シングルの部屋がなかったから』に決定。

更に2泊しようとしたら、そのホテルも部屋が予約で埋まっていて1泊はウチでとまたひとつ妥協をしてもらう事に決定。→妥協その2


母が東京に会いに行ってから日にちにも余裕があったのに、ギリギリになるまで決めなかった弟と母に

(だ、大丈夫?)と心の中でボヤいてしまった。


こっちに来るハルコさんは弟と一緒とはいえ、完全にアウェーなのだから。


それでも無事に決まってホッとした。



弟へ。

私よりもパソコン詳しいんだからちゃんと調べるように。




人気ブログランキングへ にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。