デジタル一眼
-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-12-08 15:00 | カテゴリ:弟の結婚
ジャンル:結婚・家庭生活 テーマ:家庭内事情
親戚関係の結婚式(披露宴)に
小学生の頃何度か招待されたことがある。


妹と年子なので、
大体はお揃いのちょっとオシャレなワンピースに
ビーズがふんだんに使われた白いバッグ。

靴も赤のピカピカしたものを履き、
ちょっとしたドレスアップだった。


殆どが母の趣味で選ばれた服や靴だった。

子どもだった私はあまり気にせずに着ていたと記憶している。



それから時は流れて。


妹夫婦の子ども達(小学生の姪と甥)も
弟とハルコさんの挙式披露宴に参加する。

『このワンピースなら姪子ちゃんも着る事ができるはず』

と母が出してきたのが、
私と妹が子どもの頃に着ていた
紺にピンクの花の入ったシフォン素材のワンピースだ。

『それって・・・
軽く30年も前のモノじゃ…』

『大丈夫、大丈夫。
今の姪子ちゃんにならサイズ合うかもしれないから』


母は勝手に姪の服を決めていた。
姪本人にも意見を聞いたらとデジカメで撮影し、
メールに添付して妹のメルアドに送信。


それを見た姪は気に入ったらしく、電話口で

『姪子、あの服着る~♪』

結婚式に参列することや、
間近でお嫁さんを見る事ができるとあって
姪のテンションは高い。


実は従弟の結婚式にも招待されていたのだが、
当時の姪はまだ1歳ちょっとだったので記憶にない。

『姪子、覚えてないもん』
とほっぺを膨らませていた。

万が一、サイズが合わなくて焦るよりはと実物を郵送する事にした。


そう決めた何日か前に
母とショッピングモールに出かけて
子供服が充実しているショップへ自然と母の足は向かっていた。


ちょうど夏物が入ったばかりで
結婚式やピアノの発表会にはコレで!
というくらい可愛いワンピースが何着もあった。


『これ、可愛いね~』

母はすっかり購入したげな雰囲気を感じ取ったのか、
店員のおばさまがスッとやってきて

『最近入荷したものばかりなんですよ』

いつも赤ちゃんのお祝いの服や肌着、
姪と甥の服をよく買っていたので
その店員さんには顔を覚えられていた。


値段もこっそりチェック。
思ったよりもリーズナブルだ。


子供服って小さいなりにも縫製が細かい作業になるし、
大人服と大差ないかそれよりも高かったりする。

ひとまず、店員さんに許可を取ってから、
気になるワンピースを3点ほど撮影した。


『郵送する服が万が一サイズ合わなかったら、
またここに来よう。
こういうタイプの服はすぐには売れないはずだから』

すっかり、買う気満々の母。

『別にいいけど、
姪子ちゃんのモノばっかり見て、
甥太の服はどうするの?』

『何とかなるんじゃない?』


子供服の男の子用は4、5歳すぎると
デザインや色が何ていうのか、
女の子用に比べると物足りない。


男の子のドレスアップは黒の半ズボンにジャケット、
後は蝶ネクタイ?のイメージしか私の頭の中にも思い浮かばない。


もちろん、母はどっちの孫も可愛いのだが、
服選びになるとどうしても女の子用に目がいってしまうのだ。

男の子の服ももっと種類を増やして欲しい。


甥はまだそこまで服装にうるさくはないが、

姪の場合は私以上に女子力高いから
この記事のタイトル通りに地でいっている。


実際、お子さんのいる方で
結婚式招待された時の子どもの服に悩む人も多いかと思う。


子どもだろうと大人だろうと
女性は何かと準備がかかるものだと実感。



続・子どもだってドレスアップ! に続く。
(この記事はもう少し先になります)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
人気ブログランキングへ ブログ村 結婚までの道のり
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。